知らなきゃ危ない!? 赤ちゃんの食べ物の正しい切り替え時期

Sponsered Link



初めての子育ては
新しいことの連続で不安がいっぱい。

生まれたてのころは
上手におっぱいやミルクが飲めないと、
ダイレクトに体重の増え方に影響して
数グラムの増減で一喜一憂したり、

泣けば、どうしたのか?
おむつ?おなかが空いた?眠い?と、
順番にチェックするもどれも当てはまらず
途方にくれて泣いているわが子を抱きかかえていると、
パパの帰宅!

しかも抱っこを変わってくれたら
なぜかすっと泣き止むわが子。

嬉しい反面、
“オレの方があやすのが、うまい”と言わんばかりの笑顔
(↑ごめんなさい、パパにそのつもりがなくともそう見えてしまう時期です。)に、イラっとしてみたり。

そんなこんなを乗り越えて、
少し赤ちゃんとの生活も落ち着いてきたころに
立ちはだかる新しい課題・離乳食

一体いつから始めたらいいのでしょうか?

離乳食はいつから?

Sponsered Link

一般的に離乳食を始めるタイミングは
生後5か月ごろ、もしくは赤ちゃんに
以下の様子が見られたころと言われています。

・首がすわって、支えてあげればお座りができる。
・昼夜の区別がつき、かつ生活リズム(起きる、食べる、寝る)時間が大体一定。
食べ物に興味を持ち、手を出して触ろうとしたりする。
・スプーンなどを口に入れても舌で押し出してこなくなる。

上記の条件がそろい始めるのが
大体生後5か月から6か月ごろと言われています。

そして赤ちゃん側の条件ももちろん、
ママの体力・気力も重要なポイントです。

母乳やミルクの準備よりも
離乳食の準備は手間も時間もかかるし、
食べさせた後の赤ちゃんの状態、
例えば機嫌が悪くなっていたら便秘下痢になっていないか
アレルギーを起こしていないかなど
離乳食の初期は特に気を遣います。

ですから、ママの心にも少し余裕がある時
スタート時期とすることをお勧めします。

個人差があることを忘れない


私は二人の子供を完全母乳で育てました。
もともとそうしたいと強く願ったわけではなく、
一人目の娘を生んだ直後からなぜか母乳の出が良く
飲んでもらわなければ胸は四角くガチガチになって
激痛に見舞われ、気が付くと高熱も出る乳腺炎
繰り返していたためです。

桶谷式という母乳育児外来の先生に定期的に
赤ちゃんと胸の状態を診てもらいながらの育児でした。

娘が5か月になったころ、
育児書に書いてある通りそろそろ離乳食を始めた方が
いいかと先生に相談しました。

食べ物に対する興味は見られなかったけど
体格的にやせ型でしたし、
その他の条件はそろっていたのでもちろん
始めましょう!と言われると思っての相談だったのですが、
返ってきた言葉は意外にも
もう少し後にしましょうというものでした。

理由として、娘は全く食べ物に興味を示さないし、
何より離乳食を始めてしまって
娘が母乳を少しでも飲まなくなると、
私の体調のバランスがすぐに崩れてしまうからというものでした。

私が原因で育児書通りに進められないなんてと
ショックでしたが、私が動けなくなっては元も子もないので
結局7か月ごろまで
離乳食は始めませんでした。

まとめ


離乳食は、
1回食から2回食、3回食への切り替えのタイミングや
食材の追加、形状の変化のさせ方などなど、
その都度赤ちゃんの様子と対話しながら
薄味の普通食への切り替えを完了させます。

周りの赤ちゃんと比べてやきもきすることなく、
楽しくマイペースで離乳食を進められるといいですね。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする