運動会って土曜日・日曜日どっちにやることが多いのか知ってる?

Sponsered Link



昔は土曜日にも学校があったため運動会は日曜実施が当たり前でしたが、

土日休みとなった今、運動会が土曜に実施されることが多くなっています。

土日など関係ないお仕事をされている人も多くいますが、

早めに休みを申請したり有給をとるなどして

なるべく両親揃って見に行くというのが現代のスタンスのようです。

でも、お仕事によっては土曜なら休めるけど日曜は休みにくいとか、

その逆の場合ももちろんありますよね(~_~;)

そこで運動会の土曜実施日曜実施どちらが多いのか、

またどういう理由でその曜日にやることになっているのか・・・詳しく調べてみました!

運動会を土曜日にやる理由とは

Sponsered Link

冒頭で述べた通り、現在は運動会を土曜日に実施するのが主流となっているようです。

理由としては、

金曜に前日準備→土曜実施→日曜休み→月曜代休という形で流れを作りやすい。

 

土曜日が雨で中止となった場合日曜に順延できる。

 

ということのようですね。

運動会は大人も子供もかなり疲れますから、

翌日翌々日と休みとなった方が助かるというのが意見としてあるようです。

特に先生方はお疲れでしょうからゆっくり休みたいでしょうしね(^-^;

学校などが土曜休みの今、日曜実施にすると一日開いてしまうし、

土曜日に準備するために先生が出勤した場合、

代休を2日充てなければならないことになるので

それも難しいというのもひとつにあるようです。

雨で中止となった場合、日曜実施だと平日に順延することになってしまいますが、

土曜なら翌日の日曜があるので平日実施になる確率も低くなりますしね。

ということで様々な面から土曜実施の方がメリットが多いことで

実施日に土曜を選んでいるところが多いというのが現実のようです。

運動会を日曜日にやる理由とは

土曜実施のメリットが多いということで、

日曜に運動会を実施するところは少なくなってきているようですが、

完全にないわけではありません。

保護者などから日曜実施の要望が多いところでは

そうした要望に応えて実施日を日曜日に設定しているところもあります。

また、幼稚園や保育園などでは実施場所を近くの小学校や中学校とする場合も多いので

場所を借りる関係上、日曜に実施せざるを得ないということもあるようです。

日曜日に実施するメリットは、やはり基本日曜休みというお仕事の人が多いので

沢山の保護者の方に見てもらえるということでしょうか。

でも割合としては日曜休みの方が多いかもしれませんが、

職種によっては日曜の方が休みにくいという人も必ずいるでしょうから

それに関しては何とも言えませんよね(^-^;

まとめ

運動会の実施日、土曜or日曜ということでお話してきましたが、

色々な職種の人がいる中で、みんながみんな都合がよい曜日というのは

なかなか難しいものがあるな~というのが現実ですね(^^;)

子供や実施する側の先生方からすると土曜実施の方がメリットが多くあって、

見に行く保護者としては日曜実施の方が都合のいい人が多いのかな~というのが

今回調べてみて感じた印象ですかね。

運動会は年に一度の行事ですし日程も早めにわかっていることが多いですから、

どちらの曜日だったとしても「その日だけは!」といった感じで休みを取って

見に行かれる方がほとんどということのようです。

ちなみにうちの場合、旦那は変則勤務なのでうまく休みと重なれば参加、

仕事でも休みを申し出て休めそうなら参加、無理なら断念というスタンスです(^^)

参加する保護者のスタンスも様々ですかね。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする