未使用の木炭の正しい捨て方とは!?そのまま捨てても大丈夫?

Sponsered Link



木炭ってあまり使う機会が無いけれど、

いざ使ったら捨てる時どうしよう?

例えばバーベキューとかした時に、

廃棄方法に困ますよね(^^;

間違っても不法投棄だけはしないように注意しましょうね!

そんな木炭の廃棄方法ですが、

どの様に捨てれば良いのでしょうか?

未使用の木炭って燃えるゴミにしていいの!?

Sponsered Link

「可燃性がありそうだから

燃えるゴミに出しちゃいけなさそう…」?

大丈夫です!

むしろ使用済み木炭は

燃えるゴミで出すのが一般的です!

安心して下さいね^^

ただ、それはちゃんと処理をした場合に限ります

やはり可燃性がありますから

むやみやたらにゴミ捨て場に出すと、

まだ実は火が残っていて火事になる可能性も…!?

これは何故かというと、煙草の吸殻と同じ原理で

目には見えない部分(つまり内側ですね)が

高温に加熱されている為です。

ですので、木炭は捨てる前に

必ずひとつずつ丁寧に処理をしましょう!

ただ、バケツとかでザバーッと大量の木炭に水をかけると、

すごい量の水蒸気があがって

それにより灰が周囲に飛び散ります!

迷惑で危ないのでやめてくださいね(^^;

オススメの方法としては、

水を張ったバケツに火鋏で

炭をひとつずつ入れて消火させるのが

手間ですが一番安全ですので、

是非ともご活用下さい^^

それから、使用済み木炭をまとめて持ち帰り
燃えるゴミに出すと良いでしょう。

未使用の木炭の使い道はある!?

「バーベキューに使おうと思ってたんだけど、余っちゃった…」

恐らくそんな事もありますよね。

使い道としては次回のバーベキューに使うのが

一番良いような気もしますが、

なかなか機会も無いですよね。

バーベキュー以外の活用方法として

・靴や枕、服などの消臭

・風呂の塩素除去

・工具等の酸化防止剤

・(叩いても割れない強度の炭なら)米と一緒に炊く

などがあがりますね。

消臭剤に使う時は、
ビニール袋などに入れて使うと汚れる心配がないですね。

また、もし家に火鉢があったら

魚を焼いたり餅を焼くのもいいと思います。

想像するだけでとても美味しそうですね^^

因みに長期保存で取っておく際には水気のない所に保管しておけば、

質や価格にもよりますが10年ほどは持つそうです。

意外と長いので、案外使い切れるかもしれませんね^^

まとめ

木炭は燃えるゴミでOK!

これで捨て方にはもう困りませんね!

バーベキューなどやる機会があれば、

是非思い出して下さいね^^

余ったら魚と餅を焼きましょう!

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする