ネットで簡単に見つかる!?子育て支援の求人を見つける方法

Sponsered Link



平成27年4月から
「子ども・子育て支援新制度」が始まりましたね。

全ての家庭が安心して子育てができ、
子どもたちが笑顔で成長していくための制度だそうです。

市町村が主体となって
地域の実情に応じて行われています。

お住まいの市町村に、
どんな支援や求人があるかお問い合わせください。

インターネットでも調べられる

Sponsered Link

子育て支援制度では、
子どものいる従業員が働きやすいように、
子育てしやすいように環境を整える企業を支援する
助成制度もはじまりました。

従業員のための保育施設の設置・運営の費用の助成
残業や夜勤などで、
ベビーシッターを利用した時の費用の助成
などを受けることができます。

そのため、
子育て支援のある企業が増えてきている傾向にあります。

「働くママ歓迎」「主婦歓迎」「子育て支援」
などでネットで検索すると求人サイトがたくさん出てきます。

しかし、現在お子さんを保育園などに預けていない場合

保育施設がある企業を探すか、市町村の幼稚園・保育園などに預けなくては
なりませんよね?

施設などを利用するには、お住まいの市町村から認定を受ける必要があります。  

認定区分 認定に必要な条件 利用できる施設
1号認定 子どもが3歳以上 幼稚園 認定子ども園
2号認定 子どもが3歳以上で、
保護者が「保育を必要とする事由」に該当すること
保育所
認定子ども園
3号認定 子どもが3歳未満で、
保護者が「保育を必要とする事由」に該当すること
保育所
認定子ども園
地域型保育

というように、3段階で認定があります。

「保育を必要とする事由」については2点考慮されます。

保育を必要とする事由

・就労(フルタイム・パートタイム・夜間・居宅内の労働など、基本的に全ての就労を含む)
・妊娠、出産
・保護者の疾病、障害
・同居または長期入院などしている親族の介護、看護
・災害復旧
・求職活動(起業準備を含む)
・就学(職業訓練、資格取得のための専門学校などへの就学を含む)
・虐待やDVのおそれがあること
・育児休業取得中に、すでに保育を利用している子どもがいて
継続利用が必要であること
・その他、上記に類する状態として市町村が認める場合

保育の必要量 保育を必要とする事由や保護者の状況に応じて、以下に区分されます。
「保育標準時間」
フルタイム就労を想定した、1日あたり最長11時間までが利用可能
「保育短時間」
パートタイム就労を想定した、1日あたり最長8時間まで利用可能
※ 保育を必要とする事由が就労の場合、「保育短時間」利用が可能な
保護者の就労時間の下限は、1ヶ月あたり48時間~64時間の範囲で
市町村が定めます。

上記が「保護者が保育を必要とする事由」になります。

1号認定は、
直接希望する幼稚園へ利用申し込みします。

2号・3号認定は、
市町村の窓口へ「保育の必要性」の認定申請
しなくてはなりません。

認定書が交付されたら、
市町村の窓口へ希望の施設へ申し込みをします。

なお、認定申請と利用申し込みは同時にできます

施設などの利用については、
希望者の数・施設の状況で市町村が利用調整します。

利用調整とは、
市町村が定める基準に基づき、
保護者の状況などを考慮し保育の必要性などから
優先順位をつけ、
利用する施設などの調整を行うことです。

一人親家庭生活保護世帯
生計中心者の失業お子さんに障害がある場合などには
保育の優先的な利用が必要と判断される場合があります。

子育て支援の求人は以外に多い

・indeed
https://jp.indeed.com/

 キーワードに「子育て支援」だけを入れると
 約55,600件あります。
 あとは、お住まいの地域を入力して検索してみてください。

 
・はたらこねっと
http://www.hatarako.net/lp/mama/

 働くママを応援する「はたらこママ派遣」です。

・イーアイデム正社員 関東
http://www.e-aidem.com/shain/0168_style.htm

 こちらは関東版ですが、関西版もあります。
 働くスタイルに「子育て支援」があります。

まとめ

子育て支援・働くママさんのために
保育制度などを書いてきました。

私が子育てをしていた時は、
保育園も少なく就労場所が決まってから
保育園の申し込みをしました。

また、保育園に入れていたのに
働かなくなったら保育園をやめて
幼稚園へ入りなおさなければならなかったんです。

そう考えると、新しく始まった子育て支援制度は、
働こうとしているママさんも仕事が見つけやすく
ママの帰りを待っているお子さんにとっても
安心して待っていられる・・・
そんな制度なのだと思いたいですね。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする