とってもスッキリ!驚きのクローゼット収納術

Sponsered Link



もっと上手に収納したいと思いませんか?

特にクローゼットの中は、形の違う服や小物・バックや帽子など、

大きさも形も違うものを収納するので、なかなか上手く収納出来なかったりします。

そこで、ここではクローゼットの収納術と、100均アイテムを使っての収納をご紹介します。

クローゼット収納術

Sponsered Link

【グループ分けをする】

季節ごとに着る服、イベントの時に着る服や運動する時に着る服など、グループ分けをします。

グループ分けをすることで、どこに何を収納したかがわかり、

全体のものを把握することができます。

【どのように収納するかを考える】

収納する場所を大体決めておくことが大事です。

今のシーズンの服や、普段よく着る服は、取りやすい真ん中や下の位置に収納します。

オフシーズンの服や、普段あまり着ない服は、上段に収納します。

【収納する】

③-1.『引き出しの中は縦収納』

ねかせて積み重ねしまうと、下のものがわからなくなります。

畳んだ服を縦に並べて入れると、色や柄で判別できます。

畳んだ服の高さを揃えると、綺麗です。

③-2.『色別に並べる』

色別に することで探しやすくなり、朝の服選びが楽になります。

③-3.『天袋にはボックスを使う』

クローゼットの1番上の棚(天袋)には、持ち手があるストレージボックスを使う。

上げ下げが楽になりますし、ダンボールタイプなら入っている物を書いておくことが出来ます。

天袋がないクローゼットは、突っ張り棒で天袋を作り、スペースを有効活用しましょう。

③-4.『子供服はオシャレに』

子供服は、突っ張り棒とカラフルなカラーボックスを組み合わせる。

子供服は、大人のように縦長のスペースがなくても小さいので、ハンガーで掛けられます。

③-5.『ケースを使う』

Tシャツなどは、引き出しタイプのラックに収納すると、すぐに取り出すことが出来ます。

使う頻度が高い服を収納しましょう。

 

③-6.『ハンガーを使う』

アウターは、形崩れしないようにハンガーにかけて収納します。

パンツは取り出すのが大変なので、自分の腰の位置など取りやすい位置にしておきます。

③-7.『クローゼットにドアがある場合』

ドアも収納スペースとして活用します。

ドアの裏に、フックを付けてポケットハンガーを取り付ければ、小物を入れる収納場所ができます。

③-8.『デッドスペースを使う』

クローゼットの下の方の微妙な高さの所に、突っ張り棒とS字フックでバック等を掛けます。

吊り下げなので、掃除も楽です。

クローゼット収納ひとつをとっても、こんなにもポイントがあるんですね。

これなら、クローゼットの中を上手く収納出来そうです。

100均アイテムでさらに収納も

【ファイルボックスを使う】

○横幅がピッタリ揃うと、綺麗に並べて使えます。(横置き収納)

○A4トレーを縦に重ねると、高さのある棚になるので、見やすく収納できます。(縦置き収納)

【カゴを使う】

クローゼット上段の天袋に、取っ手付きのカゴを使って収納する。

【ワイヤーバスケット】

ワイヤーバスケットは、突っ張り棒などに引っ掛けて小物収納に使う事が出来るので、便利です。

【四角いカゴ・箱を使う】

引き出しの中に、カゴや箱を入れて収納をすると、服や下着がグチャグチャになりにくく、

綺麗に収納しやすいです。

【スノコを使う】

横置きにしたカラーボックスの棚の中の両端に、スノコをおいて板を乗せると、棚として使えます。

【ワイヤーネットを使う】

ワイヤーネットのフックに、タンクトップを掛けたり、突っ張り棒の上にワイヤーネットを敷いて棚にしたり、ワイヤーネットを結束バンドで組み合わせて棚を作る事も出来ます。

【突っ張り棒を使う】

いろいろな長さの突っ張り棒が100均で出ているので、ハンガーを掛けるのはもちろん、棚を作るのに使ったり、S字フックを引っ掛けて吊るし収納にしたりと、使い勝手がとてもいいです。

【ディッシュスタンドを使う】

ネクタイ収納には、ディッシュスタンドを両面テープで貼り付けて使うと、ネクタイを掛けられてスッキリと収納出来ます。

【フックを使う】

帽子類は、クローゼットの扉の内側に両面テープでフックを取り付けて、掛けて収納出来ます。

今の100均では、本当にいろいろな物が揃います。

これを活用しない手はないですよね。

本来の使用目的とは違う物もありますが、使い方を考えてスッキリ収納したいです。

まとめ

いかがでしたか?

コストをあまりかけずに、ポイントをおさえてクローゼットの中を収納しましょう。

100均の商品も十分利用出来ますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする