衣替えの季節!誰でもできる冬物簡単洗濯方法

Sponsered Link



冬物の衣類は多いし、セーターやダウンなどは洗濯が難しいと思っていませんか。

量が多いから、全部をクリーニング店へ持って行くのも結構な出費になってしまい

家計の負担が増えてしまう。

でも、冬物衣類は自宅でも洗濯が出来てしまうんです。

そこで、今回は簡単にできる洗濯方法をお教えします。

家でできるダウンの洗濯

Sponsered Link

冬の季節には欠かせないダウンジャケットは、

多くが手洗い不可でクリーニングに出さなければいけないですよね。

 頻繁に着ると袖口の汚れが目立ってきたり、ニオイが気になってきたりしませんか。

 しかし、素材によって自宅でも洗濯が出来るモノがあるんです。

 それは、素材がナイロンポリエステルのモノです。

 手洗い不可のマークが付いていてもこの場合、

 おしゃれ着用の洗剤を使用して自宅で洗濯することができます。

 ダウンジャケットを洗う際のコツは、

 水に浸けても浮いてしまう羽毛は洗濯槽を利用して手洗いし、

 完全に羽毛に水がしみ込まないよう素早く行います。

 フード付きのモノは最初に外してダウンと別に手洗いします。

 そして、ファスナーを閉めて、襟元や袖口のひどい汚れに

 おしゃれ着用洗剤の液をしみ込ませたスポンジやタオルで軽く叩くようにしてあらかじめ落とします。

 洗濯槽にぬるま湯をためて、おしゃれ着用洗剤を入れて手で押して洗います。

 羽毛は水を吸収しにくいので、押さえて吸水させながら行います。

 その後、水を排水し軽く脱水します。

 2、3回ほどぬるま湯を溜めて軽い脱水を行いましょう。

 このときに注意することは

 脱水をし過ぎると羽毛が偏ってしまいますので、

 1分ほど脱水をかけたらダウンをほぐしてあげます。

 ぬるま湯を洗濯槽に溜める作業が面倒な方は、シャワーで洗い流しても大丈夫です。

 すすぎと脱水が終わったダウンは

 羽毛に空気を含ませるように形を整えてハンガーにかけて干します。

 速く乾かないとニオイが発生してしまうので、

 晴れた日の風通しの良い日陰で干すようにしましょう。

 乾いたら防水スプレーをするなど、

 汚れ防止の対策もしっかりとしておくのも良いかもしれません。

クリーニング代節約!!家庭でできるおしゃれ着洗い

 冬のおしゃれ着のひとつ、ニット・セーターなど洗い方を間違えると

 縮んだりヨレたりしてせっかくの服が台無しになってしまうことがありますよね。

 そこで、おしゃれ着の基本的な洗い方を簡単にまとめてみました。

 最初に、洗濯する服の表示を確認します。

 家庭で洗っても良いものか、手洗いや洗濯機洗いするのかを見ます。

 次に、洗濯する前の準備に入ります。

 綺麗に洗うため汚れがより落ちやすい状態にしておきまし

ょう。

 襟元や袖口など汚れやすい部分を表に出すようにします。

 たたんだ状態で洗濯にかけます。

 伸びたり、ヨレたり、縮んだり、

 型崩れを防ぐために洗濯ネットを使用する時や洗濯桶を使って洗う場合、

 その大きさに合わせてたたみましょう。

 基本的にトップスやアウターはボタンを閉じて洗いますが、

 ジャケットのような前身頃と後身頃の型が異なるモノは、型崩れにつながるため例外です。

 ファスナーやホックは、洗濯中に衣類を傷つけてしまう恐れがありますので閉じましょう。

 デリケート素材やプリントされているモノ、装飾があるモノは

 摩擦によるトラブル防止のために裏返しておくことをおすすめします。

 例えば、リボンはほどいておくことで洗いジワや脱水ジワを防ぐことができますし

 フリンジは傷んだりしないように内側に折りたたんでおきましょう。

 洗濯ネットには必ず1つの服をいれて

 おしゃれ着に適したコースを選んで洗濯機にかけましょう。

 また、手洗いの場合はニットなどに適した「押し洗い」、

 シフォン素材などの衣類に適した「アコーディオン洗い」、

 スカーフなどのデリケート素材のモノなどに適した「振り洗い」などがあります。

 脱水の場合も、ニットや薄手のモノはロール状に丸めて

 手のひらで押すようにして脱水し、

 シワになりやすい素材は

 バスタオルなどに挟んで水分を吸い取るようにして脱水します。

 干す時までも気をつけるポイントがあります。

 伸びやヨレ、型崩れなどを防ぐための基本的なことは、

 『衣類を裏返して日陰で干すこと』

 『重さを一カ所に集中して負荷をかけるのでは無く分散させること』

 『立体的に干すこと』

 『重なりを少なくし、風の通り道をつくること』 

 です。

 平干しや筒干しなど衣類によって変えて、

 洗濯ばさみなどで衣類を止めるときは複数箇所挟むようにしましょう。

【まとめ】

冬でもオシャレな女性の服は、ニットやダウンなど様々な素材のものばかりで

 洗濯すると失敗してしまうことを恐れてクリーニング店に頼みがちです。

 でも、ちょっとしたポイントを押さえることで

 自宅でもおしゃれ着洗いが出来てしまいます。

 クリーニング代を少しでも節約したい主婦にとって

 自宅で洗濯できれば家計もたすかりますよね。

 ぜひ、今回紹介した選択方法を試してみてはいかがでしょうか。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする