【忘れ注意】確定申告は税務署は土日でもできる!

Sponsered Link



確定申告とは、前年の一年の収入に対して、
払わなければならない税金を確定するために
税務署に申告することです。

会社員の人は給料から所得税が引かれていて、
会社が変わりに
税務署に納めてくれているのですが、
自営業や本業以外で収入を得た場合は、
自分で税金を納めなければなりません。

払わなければならない税金を
国に決めてもらうので、
一年間の所得とそれに対する所得税を
税務署に申告することが必要になります。

確定申告をすることで
多く納めている場合は、
税金を返してもらうことができます。

確定申告について税務署は土日でも可能か?

Sponsered Link

今年一年の税金を申告する、
確定申告の時期は、
来年の2月16日~3月15日の予定です。

毎年、初日や3月に入ると
とても混雑して、時間がかかるので、
前もって準備をしているといいと思います。

書類の不備で何度も出向くのも大変ですよね。

確定申告には3つの方法があります。

1つ目は、税務署に直接
確定申告を持参することです。

確定申告は手書きでも作れますが、
ホームページから作成して印刷しておくと
スムーズにすすめることができます。

必要書類を持って行けば、
相談しながら書くこともできます。

https://www.keisan.nta.go.jp/h28/ta_top.htm#bsctrl

2つ目が、確定申告を郵送する方法です。

確定申告を自分で作成できる人は
それを郵送して、受理印の押された控えも
郵送で返却してもらうこともできるようです。

3つ目が、e-Taxを使って
インターネットで確定申告をする方法です。

自宅にインターネットができる環境が整っていれば、
自宅からでも申告できて
支払いも還付もインターネットだと早く進みます

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/index.htm

そして、1つ目の税務署に直接もっていく方法ですが、
土日しか無理な人は、
確定申告の時期の間は土日でも
おおむね相談や申告を受け付けてくれるので、
平日の時間がとれない人は、
土日に申告へ行きましょう。

多忙な方におすすめ!確定申告を税務署で土日にする方法!

インターネットからの申告や郵送より
税務署に直で持って行きたいけど、
平日は無理な人もいますよね。

基本、税務署は土日お休みになっているので、
いつもは開いていないのですが、
確定申告期間中は開けてくれているところ
多いです。

どうしても休日や夜間でないと行けない人は、
税務署の前に時間外文書収受箱というものが
あるそうなので、
そこに投函しても大丈夫だそうですよ。

まとめ

確定申告は国に税金を決めてもらう大事なことです。

会社員の人は会社で代わりに
納めてくれているので大丈夫ですが、
自営業や副業など他に収入がある人は、
確定申告をしなければなりません。

多く税金を払っている場合は返納されます。

ホームページで確定申告の書類を
作成することもできるし、
インターネットでもできます。

難しく思われる人は、
直接税務署で相談しながら書くこともできますよ!

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする