風邪ってうつってから発症までどれくらいかかるものなの!

Sponsered Link



最近うちの家族が次々と

くしゃみ、鼻水、喉が痛いという症状が出てきて

や、やばい。。これはまさか風邪か!?

というサイクルを繰り返してしまいますが、

でもこれっていつひいた風邪??

と思うなんてことないですか?

旦那さんが外でもらってきた風邪菌が

私や娘にうつったのか?

もしくは昨日は寒い中外出してたし、

薄着だったし昨日のがたたったかしら?

とか、いつひいた、もらった風邪なのか

不明なことが多いですよね。

では風邪って一体うつってから発症まで

普通はどのくらいで発症するのでしょうか

その疑問に迫ってみたいと思います。

風邪がうつってから発症まではどのくらいの期間かかるの?

Sponsered Link

まず、風邪とは皆さんもご存知の通り、風邪症候群と呼ばれる感染症の一つで

鼻や喉に起こる急性の炎症で、風邪のほとんどがこのウイルスが原因で、

引き起こされるとされているのです。

鼻や粘膜にウイルスが付着し、菌が増殖すると免疫が活発になり

その働きが組織の炎症を起こして風邪の症状が現れます。

風邪がうつって実際に発症し、症状が現れるまでの

この期間を、いわゆる潜伏期間と言います。

なんか’潜伏’って響きが嫌な感じですよね。

その潜伏期間は普通の風邪とインフルエンザでは

異なるようです。

  • 普通感冒(急性上気道炎)普通の風邪

潜伏期間:5~6日

喉の痛み、くしゃみ、鼻水、頭痛、だるさなど

  • 流行性感冒インフルエンザ

潜伏期間:1~2日

始めに39度ほどの高熱、悪寒や頭痛、倦怠感、筋肉痛、関節痛など

と、症状も様々です。

普通感冒のウイルスは

「ライノウイルス」「アデノウイルス」「RSウイルス」

などのウイルスによって引き起こされるのが

一般的らしいです。

聞いたことのないウイルス名って沢山あるんですね。

くしゃみからの鼻水、喉イガイガが始まったら

この名前を是非思い出してみて下さい。

風邪がうつってから発症まではどんな症状が出るの!?

普通の風邪であれば、

細菌やウイルスに感染すると

まず喉がむず痒くなり鼻づまりになります。

翌日から鼻水、喉の痛み、咳と行った症状が出ます。

4日目からは37度を超える微熱と頭痛、

5日目からは悪寒、筋肉・関節の痛みが出てきます。

その後、7日目頃から回復してきます。

毎日電車に乗って通勤・通学される方は、

特に人混みにいる時間が長く

風邪の感染もしやすいかと思います。

なのでどのタイミングにもらった風邪!?

なんて考えてみても

特定するのは難しいと思います。

日頃から手洗い、うがい、マスク着用、休息、

栄養補給、を心がけて、風邪を引かぬ状況を

自分で作るようにしましょう!

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

Sponsered Link
関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする