恥をかかないために!卒業式の日に着る事務職員の無難な服装とは?

Sponsered Link



学校で事務職員をされている方にとって、

卒業式などの式典での服装

悩んでしまいますよね。

保護者でも担任の先生でも無いので、

どの程度の正装でどの程度華やかに

していいのかわかりません。

そこで、ここでは事務職員の卒業式での

服装で気をつける事おすすめの服装

ご紹介します。

卒業式の日に服装で気をつけたいこと

Sponsered Link

学校の事務職に就いている人も、

もちろん学校職員です。

学校での卒業式のような式典では、

事務職員の方も失礼のないよう式典に

ふさわしい服装を心がけた方が良いです。

卒業式の日は通常よりも来客が多く、

来客対応をすることもありますから、

あまりにもラフな格好では失礼にあたります。

とは言っても、卒業式の主役は卒業生です。

そして、その卒業生と1番接点があった先生が

花を添えます

校長先生と教頭先生は、学校のシンボルですので

1番格式の高い服装で出席します。

担任の先生は、2番目の主役ですから

多少華やかになってもかまいませんが、

それ以外の職員の方は『目立ち過ぎないよう、

格が上がり過ぎないように気をつけます。

校長先生・教頭先生・担任の先生・

保護者よりも格が上がらないように、

目立たないような服装をしなくてはいけないんですね。

卒業式の事務職員にお奨めの服装とは

担任の先生以外の職員の女性の方は、

ブラックフォーマルウェアが基本です。

ブラックフォーマルウェアは、

セレモニーで着ることができる洋服です。

ですが、弔事に着るのが一般的なので、

卒業式で着た時に喪服』に見えないように

気をつけなくてはいけません。

胸元にコサージュをつけたり、シルバー・

ネイビー・ベージュなどの色と黒は相性が良いので、

これらの色と組み合わせることで防げます。

コサージュを付ける位置は、

左側で胸よりも高い位置の、

顔寄りに付けます。

(一般的には、利き腕の反対側の肩に近い位置です。)

そのコサージュに合わせて、

パール一連のネックレスなどシンプルな

アクセサリーをつけましょう。

男性の場合は、

黒・チャコールグレー・濃紺などのスーツ』に、

白・グレー・白と黒のストライプなどのネクタイ』を

合わせるのが良いです。

あくまでも、目立たない程度のおしゃれでおさえて、

コーディネートします。

ブラックフォーマルウェアが無難

1番おすすめです。

誰よりも目立ってしまうと、

少し異様な光景に思えます。

アクセサリーも煌びやかにならないように、

注意が必要ですね。

まとめ

いかがでしたか?

ブラックフォーマルウェアは、

卒業式以外にもいろいろと使えますから

一着は持っていた方が良いです。

男性の方が、服装をあまり悩まずに

決められそうですね。

卒業生・担任の先生・保護者から一歩二歩下がって、

見守るように控えめな正装で見届けてあげましょう。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする