湯たんぽが身体に悪いという噂!?嘘or本当!?

Sponsered Link



冬になると手足の先が冷えますよねー。

ほんと、冷え性には辛い季節がきました。

手足が冷えると、

眠たくてもすぐに寝付けないんですよね。

そして座り仕事だと、

もう一日中ずっと寒いってなりますよね。

寝付けないとき、みなさんはどう工夫していますか?

電気毛布、カイロ、湯たんぽ、ホットミルク、など

色々な対策方法があると思います。

しかし、湯たんぽが身体に悪いという噂を聞きました!

今回は、湯たんぽについて考えました!!

湯たんぽが体に悪いと言われる理由は!?

Sponsered Link

あんなに暖かくて便利なものなのに、

体に悪いと言われる理由は何なのでしょうか??

いろいろあるみたいですね。

そのひとつは、

・自分の力で体温を上げることができなくなる

人間の本来持つ力ってやつですね。

体が熱くなると、熱を下げようとする。

その逆で、体が冷たくなると、温めようとする力があります。

湯たんぽなんかで、足を温めてしまうと、

何かに頼ってでないと

体を温めることができないというのです。

他には、

・体温調節ができない

体の熱の放出は足の裏からされている、といわれています。

湯たんぽや靴下などで、あたためてしまうと

体温調節の機能が働かなくなるのでは

と考えられているようです。

このような理由があって、

湯たんぽが体に悪いと言われているようですね。

湯たんぽはホントに体に悪いの!?

けど、しかし本当に湯たんぽって悪いんですか!?

自分の力で体温を上げることができなくなる、

というのであれば

お風呂に入るのもだめということになりますよね。

お風呂に入る=体を温めるということですから。

お風呂に入るのがだめというのは、

聞いたことがありません。

すぐに眠れないほうが問題ではないでしょうか?

仕事の疲れをとるために、睡眠は必要です。

その睡眠は、体が温まって

徐々に体温が下がることで深い眠りにつきます。

体温調節ができなくなるという話もありました!

しかし、湯たんぽは、お湯を入れているだけなので

徐々に温度が下がっていきます!

ですので、このことについては問題ないでしょう。

それでも、気になるというのであれば、

足先ではなく、違う場所に湯たんぽを

置いてはどうでしょうか。

実は、効率よく体を温めるには、

置く場所にポイントがあるのです!

それは、太い血管が通っている場所に置くことです。

足を温めたい場合ですと、

お尻や太ももの裏に湯たんぽを置くと、

足全体が温かくなりますよ!

まとめ

いかがでしょうか!!

湯たんぽのすばらしさ伝わりましたか!?

低温やけどにだけは、よく注意をしてもらい、

睡眠の質を上げるためにも

ぜひ湯たんぽ使ってくださいね!

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

Sponsered Link
関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする