知らないと損!?主婦は必読!パートの所得税!

Sponsered Link



主婦の方でパートをしている方が多いと思います。

一ヶ月働いて給料日に給与明細を見て、
「こんなに働いて給料が少ない」
「少ししか働いていないのに所得税が引かれてる」
なんて思うことはありませんか。

そこで、パートをしている方はぜひ知っておきたい
所得税についてまとめてみました。

主婦でパートしてる方は所得税払いすぎている!?

Sponsered Link

まず、理解しておくこととしては
パートであっても時給で働いた給料から
色々引かれた額を貰うということです。

さらに、労働者としての義務で
全ての人が所得税を納める必要があります。

たとえそれがパートであっても同じです。
毎月給料から天引きされていきます。

また、所得税で良く聞く『103万円』
『130万円』という言葉ですが、
これは給与から控除された(65万円)と
基礎控除(38万円)を差し引いた残額が
年間で計算したときに103万円以下であれば
所得税が掛からないということです。

年間に103万円を稼がない給料なら
毎月の所得税は掛からないのではと思ってしまいがちですが、
会社で年末年始に確定申告をした際に
納め過ぎていた所得税が戻ってきますので
それで前納した所得税を取り戻せることになっています。

それが結果として所得税無しとなりますので、
決して払いすぎているということはありません。

主婦でパートしてる場合の所得税引かれる額を公開!

正社員でもパートの場合でも
所得税は1年間の収入から算出して額によって税率が異なります。

源泉徴収では大まかに所得税を計算した額を取っています。

1年の終わりに1年間の所得税の精算をして
年末調整という形でその年の最後の給与か賞与で差額分を返したり、
差し引いたりします。

毎月88000円未満であると源泉徴収が取られて
最終的に年末調整には年収が103万以下であれば
所得税が課税されないことになります。

どうしても所得税を支払いたくない人であれば、
毎月85000円くらいの収入にしておけば
月々引かれることも、年間103万円を超える心配もありません。

また、社会保険料控除や扶養控除、
医療費控除、生命保険料控除などがあれば
その控除分だけ課税される限度額は103万円より多くなります。

まず、源泉所得税の計算にあたり
甲欄と乙欄について簡単に説明しておきます。

『甲欄』とは、他の会社と掛け持ちして
2カ所以上から給与をもらっている人でも、
扶養控除等(異動)申請書をどこか1カ所のみ提出しなければなりません。

この書類を提出した会社で給料を貰う場合の
所得税の額が甲欄に該当します。

『乙欄』とは、掛け持ちしている人が
既に他の会社へ扶養控除等(異動)申請書を提出している場合は、
必然的に乙欄として源泉所得税が計算されます

この場合、年末まで在職していても
年末調整の対象とならないので
確定申告を行う事になります。

それでは、国税庁の給与所得の源泉徴収税額表の
月額表の平成29年分を例に挙げてみましょう。

社会保険料等控除後の給与などの金額が
88000円未満であれば税額が0円です。
 
 月に88000円から89000円では甲の該当者は130円、乙の人は3200円。
 月に89000円から90000円では甲の該当者は180円、乙の人は3200円。

という金額になります。

国税庁のホームページにて表を見ることができますので参考にしてみてください。

【まとめ】

パートであっても所得税を支払うことは必要になります。
88000円以上であれば
給料から月々天引きされるシステムになっていますので、
どうしても月々の天引きが嫌であれば
月々85000円以内におさえるようにしましょう。

しかし、所得税を毎月天引きされていても
年間103万円以内であれば所得税が課税されないので
1年の最後の給料等に返ってきます。

そのため、所得税を支払いすぎたということは無いので心配しないでくださいね。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする