子供が飽きてしまったお人形どうしてる?間違えると恐い捨て方講座

Sponsered Link



子供が大きくなって使わなくなったり、
飽きてしまったお人形の処分は困りますよね。

ポイポイ捨てるのは気が引けて、
なかなか燃えるゴミとしてだけません。

思い入れがあったり、魂が宿るなんて聞いたらなおさらです。

ここでは、お人形の処分方法についてご紹介します。

【捨てる前にまずはリサイクルを検討しよう】

Sponsered Link

リサイクルには、大きく分けて2つあります。

①『施設等への寄付』
②『リサイクルショップでの買取』
です。

①『施設等への寄付』
保育園や幼稚園、児童館に寄付をしたり、
海外支援への寄付などがあります。

ボランティアの一環として、
途上国の子供たちへぬいぐるみ等を寄付する方も多いです。

例えば、『ワールド ギフト』では、
不用品や支援物資を宅配集荷しており、
アジア・アフリカ等の団体
(NGO・財団・自治体・警察・病院・学校等)へ
物資を送り、リサイクルしています。

『物資例』
○古着
○ぬいぐるみ
○雑貨
○食器
○雛人形
○おもちゃ 等

②リサイクルショップでの買取
ぬいぐるみや人形の状態によっても買取金額は変わってきますが、
ただ捨てるのがもったいない方にはいいですね。

店舗にもよりますが、値段がつかなくても
無料で引き取ってくれるところもあります。

その他にも、バザーやフリーマーケット、
オークションもあります。

レトロな人形やぬいぐるみ、有名メーカーの玩具は、
価値のあるものもありますので、
オークションを考えるのも良いです。

ただ捨てるのではなく、いらなくなった人もいれば、
必要な人もいますからぜひリサイクルしたいですね。

ただ、リサイクルには衛生面で気を付けないといけません。
基本的には子供が使用するものですから、
綺麗な状態でリサイクルしましょう。

【愛着のある人形は供養してお別れする手も】

人形には魂が宿るなんて聞きますが、
特に雛人形や五月人形は災厄を請け負っているということから、
ますます処分しずらいです。

そこで、人形の処分には供養をして
お別れをするという方法もあります。

人形供養とは、人形に感謝の気持ちを持って、
お経やお焚き上げ等をしてお別れをすることです。

人形供養の仕方には、3つ方法があります。

①神社やお寺で供養してもらう。
②自分で供養する。
③生前整理・遺品整理業者に依頼をする。

①『神社やお寺で供養する』
神社やお寺では、お経をあげてお焚き上げをして、
きちんと供養してもらえます。

1,000~5,000円程度の供養料がかかります。
(神社やお寺によって異なります。)

神社やお寺の人形供養には、
受付日が決まっている場合がありますので、
必ず事前に確認をするようにしましょう。

②『自分で供養する』
感謝の気持ちを込めて、
きちんとした手順で行えば、自身で人形供養を行えます。

きれいな和紙や布の上に人形を置き、塩をまいて清めます。
敷いていた和紙や布でくるみ、お焚き上げをします。

お焚き上げは、臭いや煙などが出ますので、
周囲への配慮が必要です。
*ぬいぐるみは、燃やすのには少し注意が必要です。
ぬいぐるみの布は化学繊維である事があるため、
燃やすと有害物質が出る可能性があります。

お焚き上げができない場合は、
市区町村のルールに従ってゴミとして処分します。
人形には、
燃やせない部分や分別が必要になったりすることがあるので、
注意しましょう。

③『生前整理・遺品整理業者に依頼する』
残された家族が困らないように、
生前から身の回りを整理する方が増えています。

人形やぬいぐるみは思い入れがあるため、特に困る品です。

生前整理業者には、供養してもらいたい人形を指定できたり、
棺に入れて欲しいなどの希望を残しておくこともできます。

料金は、ほとんどが基本料金に供養料が含まれますが、
指定の量よりも多い場合には追加料金が必要となります。

なかには、悪質な業者がいますので、
『相見積もり』を取りましょう。

基本的には料金がかかりますが、供養してあげるのもいいですね。
そばにいてくれたお人形に感謝をしなくてはいけません。
供養の仕方は、自分の納得のいくものを選びましょう。

まとめ

いかがでしたか?

思い入れがあり過ぎて、お焚き上げが可哀想と思う方には、
次の家族と出会えるリサイクルをオススメします。

しっかりと供養をしてあげたい方には
神社やお寺での人形供養がいいですね。

どちらも、お人形には『感謝』の気持ちを持って行いましょう。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする