デメリットだらけ!?一人暮らしの転居届けを出さないとどうなる?

Sponsered Link



これからひとり暮らしをする方、

将来的にしたいな~と思っている方、

はたまたもう既にひとり暮らしをはじめている方、

転居届けについてお悩みではないですか?

「転居届けはしたいけれど、なんだかデメリットがありそうで不安…」

「いままで使ってた保険証や、運転免許証はどうなっちゃうの?」

「転居届けを出さないと郵便物はもしかして届かないの!?」

などなど、疑問は数多くあると思います。

わたしもつい最近、引っ越しをしようか検討した時に、

転居届けを出したら、何かトラブルが起きるのではないかと

不安に思いました…。

 

結局わたしは転居届けを出したのですが、

もしかして出さなくても大丈夫だったのでしょうか?

疑問に思ったので、わたしなりに

転居届けを出さないメリットとデメリットについて

調べてみました^^

転居届けを出さないメリットってある!?

Sponsered Link

結論から言うと残念ながらまったくないです!!

むしろ出さないと住民票を変更してもらえなかったり

住民票の変更をしないと

罰金を払わなければならなかったり…。

他にも多々ありますが、

とにかくデメリットしかないようです!!

(ちゃんと転居届け出しといてよかった~…(^^;)

そんな転居届けを出さないと

発生するデメリットですが、

いったいどんなものがあるんでしょうか?

転居届けを出さないデメリットとは!?

住民票の変更ができない!

先ほどもふれましたが

転居届けを出さないと、まずここでつまずきます!

しかも住民票を変更させないと、

義務として引っ越しをしてから14日以上経つと

過料として5万円を支払わなければなりません!

引っ越しした直後に

5万もトンでしまうのは大変ですよね…。

そうならない為にも、引っ越しをしたら

忘れずに転居届けを出しましょうね。

運転免許証や保険証などの身分証明書の変更ができない!?

住民票が異動できていないと、

したがって身分証明書の変更もできません…。

そうしたら何か身分を証明する時に

困ってしまいますよね?

また保険証が変更されていないと、もしも救急車で運ばれてしまったときに

カルテ作成の際に、医療従事者の方が困ってしまいます…。

免許証に関しては、、新しい住所に引っ越してきたことを

証明する書類などでも住所変更は可能ですが、

前の項のデメリットのことを考えると

転居届けは出した方が無難ですね(^^;

新規銀行口座の開設や車の購入などができない!

具体的に言うと、本人確認書類が必要な契約において、

契約することが出来なくなります。

身分証明書が正しく無いですからね(^^;

地方銀行のみを開設していた場合は

口座が使えなくなってしまいますし、

困ってしまいますね。

住民税の支払いが旧住所に請求される!?

当然、住民票を移し替えていないので、

住民税も旧住所に加算されることになります。

ちなみに、その通知も旧住所に届くことになってしまうので

長い間気がつけずに、最悪未納扱いになってしまうことも…。

介護保険や児童手当などの手当が受けられなくなる!?

これらの手当は、現在住んでいる市区町村の

サービス内容に従って適応されます。

ですので、転居届けを出していないと

適正な手当が受けられなくなります。

手当で生活を維持している方にとって、

これはかなり厳しいですね…。

もし自分が何らかの手当などを受けている場合は、

忘れずに届けを出しましょう。

まとめ

転居届けを出さないメリットはゼロ!忘れずに出しましょう!

メリットは全くありませんでしたね…

むしろデメリットだらけでした(^^;

転居届けについてお悩みの皆さんは、

転居届けを出してもデメリットは全くないので

安心して届けを出してくださいね^^

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

Sponsered Link
関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする