助けてくれるの!?知っておきたいパワハラ相談窓口

Sponsered Link



勤めている会社でパワハラを受けていると感じたことはありますか?

会社に行くのが嫌で、あの上司に会いたくなくて、
辛くてどうにかしたいと思っているなら、
それはパワハラを受けているかもしれません。

まずは、どのような事がパワハラとされるのでしょう?

大きく3つに分けると、
「周りの第三者から見ても明らかな行為」
「第三者からは分かりにくいが、パワハラをしている意図が明らかな行為」
「第三者も本人も自覚がない行為」です。

明らかな行為は、大声でみんなの前で怒鳴られ罵られたり、
無視をしたり馬鹿にしたり、仕事を必要以上におしつけたりする、
誰からみても分かる行為です。

そしてパワハラをしている意図が明らかな場合とは、
周りは気づいてないが意図的に孤立させられていたり、
ミスを押し付けられたり不当に職位や権限を奪って降格させる行為です。

そして、第三者も加害者も自覚がない、
指導のつもりが行き過ぎた行為である場合です。

他にも、自分が辛いと思うことを思い出し、
なんか自分だけ・・・と思うようならパワハラの可能性はあります。

そんな時は、一人で考えこまないで下さい。
うつ病などになる前に、相談窓口に連絡してみましょう。

まずは相談してみる

Sponsered Link

自分でパワハラを感じた時は誰かに相談してみましょう。
それが、同僚でも友達でも
誰かに聞いてもらうことで判断できることもあります。

他にも会社の相談窓口があれば、
そこに連絡するのもいいですし、
会社によってはない場合もあるし、
会社の相談窓口では誰かにバレたり
上司に伝わるかもしれないと思われたら社外にも相談窓口はあります。

自分でもパワハラなのか判断できないときは、
一度相談窓口で聞いてもらったらいいと思います。
考えすぎかな、と思っていても第三者からするとそれは
パワハラだと判断されることもあります。

そして、被害者本人だけでなく、
もしかして自分がパワハラしているのではないかと思っている上司側の人も
話を聞いてもらうといいと思います。

相手を追い込むような言い方をしているのではないか、
言いすぎているかなど判断してもらいましょう。

相談することで解決策が見える?

・厚生労働省 総合労働相談コーナー
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/soudan.html

国が設置する相談機関です。
どこに相談したらいいのか分からない人は
電話だけでなく直接面談もしてくれるので、おすすめします。

・NPO法人 労働相談センター
http://www.rodosodan.org/

長年の信頼と実績があるところです。
電話のほかメールでも相談を受けつけてくれます。

・法テラス
http://www.houterasu.or.jp/madoguchi_info/index.html#support

法的知識を用いて解決策へ導いてくれます。
最終的に法的処置を取りたい人はおすすめ。

まとめ

年々、パワハラは増えていて、
うつ病になったり自殺をしてしまう人も多くいます。
もし、職場にいるのが辛い、パワハラではないかと思うようなことがあれば、
誰かに相談することです。

それが友達でも同僚でも、誰もいなければ相談窓口もあります。

一人で悩むのではなく、
誰かに聞いてもらうだけでも解決策が見えてくるかもしれませんよ。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする