春休みはいつまで??小学校の新学期はいつから始まる!?

Sponsered Link



子供が小学校に上がると

仕事や休みの予定など

学校のスケジュールを考慮しなければ

ならなくなってきます。

小学校は6年間続くわけですから

大体のスケジュールの目安を

把握しておくと予定がたてやすいですね(^^)

そこで、

小学校の新学期が始まる目安

大まかな年間スケジュールについて

調べてご紹介していきます(*^^)v

小学校の新学期はいつから始まる!?

Sponsered Link

春休みが明けてからの

新学期って何かとバタバタしますよね(^^;)

仕事でも新年度が始まる時期って、慣れないことが多くて

落ち着かないことがあるので、

小学校の始まるタイミングなどは

早めに把握しておきたいものです。

新年度の学期が始まる時期の目安としては

2週間くらいの春休みを挟んで

4月5日~9日くらいの小学校が多いようです。

あまり多くはないですが

2学期制を導入している小学校でも

新年度の始まりは同じ時期になっているようです。

私の子供が通う小学校では

始業式後2日くらい午前授業の日があって

その次の日から、もう給食が始まるといった感じです。

新年度は

家庭環境調査票とか尿検査とか

色々提出物が多くて

親としても結構面倒なんですよね~(~_~;)

新学期だけじゃなくて年間スケジュールが知りたい!!いつから学校?

新年度は

色々なことが変わるのでバタバタしますが

新学年が始まってしまえば

それほどのバタつきはなくなりますね(^^)

うちの子供の通う小学校では

新年度が始まった時に

暫定的な年間スケジュールを配られるので

大体のスケジュールが把握できます(*^^)v

・・・今はご両親共に

お仕事をされているご家庭も多いので

このようなものが

どこの小学校でも配られるのでしょうか?

それを参考にして見てみると

大抵7月20日過ぎから夏休みが始まり

9月最初の平日から2学期が始まります。

学校によっては

2学期の開始が3日〜1週間くらい

早まるところもあるようです。

冬休みは12月25日くらいから始まり

1月7日~9日くらいには3学期が始まります。

2学期・3学期は

だいたい始業式の翌々日には

給食がスタートしています。

3学期は3月24日頃まで

その後、春休みに突入し

また4月に戻る、といったスケジュールです。

私は関東在住なので、このようなスケジュールとなっていますが

雪国などでは、夏休みが短い代わりに、冬休みが長いという形を

とっている場合が多いようです。

2学期制の学校のスケジュールも

少し調べてみましたが

年間スケジュールはそう変わりがなく

多少夏休みの終わりが早くなっていることと、

10月2週目くらいに

秋休みが3日~7日くらい入る場合がある

ということのようです。

大まかなスケジュールとしては、こんな感じですが

細かいスケジュールに関しては、地域や学校によって様々ですので

お子さんの通う地域、学校の傾向を

調べておくようにしましょう!

まとめ

小学校の新学期の始まるタイミングについて

調べてきました!

調べてみて、新学期の始まる時期や

長期休みの日程などは

私が子供の頃と大きな違いはないんだな~

ということが分かりました(^^)

ただ、完全週休二日制となったために

平日の授業はいっぱいいっぱいですね(^-^;

私の小学生時代は、低学年なら4時間授業の日が基本だった

記憶があるのですが、低学年でも5時間授業が当たり前で

中学年以上になると、ほぼ毎日6時間授業になっています…。

その上、放課後色々な習い事をやっている子が多いですから

今の子供は、放課後に友達と遊ぶ機会が

ほとんど持てなくなっていて、かわいそうだな~という気がしています。

そんなこともあって

土曜の授業を復活すべきなんて

声も上がっているみたいですね。

私個人としては子供の頃

土曜の学校嫌いじゃなかったですけどね。

でも学校の先生からしたら

やっぱり復活なんて勘弁

といった感じなんでしょうかね(;^ω^)

・・・ちょっと話がそれましたが

小学校の年間スケジュールとしては

平日の大変さと、土曜完全休みという状況は変わったけど

長期休みの日程は昔と大きく変わっていないようなので

自分の子供の頃の記憶と照らし合わせて考えてみると

分かりやすいかと思います!

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする