うっかり日焼けしてしまった場合にシミを防ぐアフターケアをしよう!

Sponsered Link



お出掛けをして、
思った以上に日焼けをしてしまった!

日焼けをしてそのまま放っておくと
大変なことになります!

そうなる前に、
日焼けした後にできるケアをしましょう!

待ったなし!シミを防ぐアフターケアはその日のうちに冷やして保湿する!

Sponsered Link

日焼けは、紫外線を浴びることで
皮膚のメラニン色素が余分に生成され、
その部分の肌の色が変化してしまうことです。

簡単に言えば日焼けは、
皮膚にとって火傷と同じなのです。

日焼けをしてしまって、
後からできるシミ!気になりますよね…。

そのシミを防ぐために出来るアフターケアを
きちんとしていきましょう。

《日焼けのアフターケア》

・冷やす
 火傷をしてしまったらすぐに
 その部分を冷やしますよね?
 それと同じように日焼けをしたらまずは、
 肌を冷やしてあげましょう

 肌に負担をかけないように、
 擦ったり、叩いたりすることは避けてください。

 冷たいシャワーを浴びるのが適しています。

・保湿
 次に、大事なのは保湿です。
 肌にたっぷりと化粧水をつけて、
 水分補給をさせてあげます。
 そのあとに、乳液など保湿剤で
 しっかりと保湿しましょう。

 いつもより多めに化粧水、
 乳液をつけるのをおすすめします。

 日焼けをしすぎてヒリヒリ痛い場合は、
 化粧水などしみることがあるので、
 そのときは、日焼けにもつかえる軟膏
 ぬるといいですよ。

 「オロナイン」は、軽い火傷にも効果的なので
 オロナインを塗るといいと思います。

・水を飲む
 日焼けで水分が失われてしまうので、
 体の内側からも水分補給をしっかりしてあげましょう。

 熱中症にもならないために、
 小まめに水分補給はしてくださいね。

・早めに寝る
 回復を早めたいなら、
 皮膚の再生時間(夜10時から2時がピーク)には、
 寝るようにしましょう。

 早く寝て体をゆっくり休ませてあげましょう。

これが自分でできるアフターケアになります。

日焼けの上からまた日焼けをしないように、
次の日から気をつけてくださいね。

ビタミンCを摂りましょう!次からは日焼け止めを忘れずに

ビタミンCを摂り、お肌の調子を整えましょう。

ビタミンC誘導体の化粧水もおすすめですが、
ビタミンCが豊富に含まれている食材をご紹介します。

・ブロッコリー
・ピーマン
・パセリ
・アセロラ
・キウイ
など。

栄養バランスを考えて摂取してくださいね。

そして、次からは
日焼け止めは忘れず塗って下さいね。

日焼け止めを塗る時のポイント!
・日焼け止めはケチらない
・ムラなく塗る
・3時間に1回ほど塗り直す

忘れがちな場所にもきちんと塗りましょう!

額や、首、首の後ろ、手の甲などにも忘れずに
ちゃんとしっかり塗るようにしてくださいね。

日焼け止めは、液体タイプ、ジェルタイプ、
スプレータイプ、パウダータイプ、飲むタイプ、
たくさんあるので、
シーン別自分に合う日焼け止め
みつけてみてくださいね。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする