ふきのとうって食べ過ぎると体に毒?下痢の症状ってマズくない!?

Sponsered Link



春先に美味しい「ふきのとう」ですが、

食べ過ぎはやっぱりダメなのでしょうか

天ぷらなどは、本当に美味しいですから

ついつい食べ過ぎてしまいます。

ここでは、

ふきのとうを食べて下痢になってしまう原因

についてご紹介します。

「ふきのとう」で下痢になってしまう原因とは?

Sponsered Link

ふきのとうの栄養

ふきのとうは栄養価が高いので、

冬眠から覚めた熊が一番最初に食べる

とも言われているそうです。

○ビタミンA

皮膚や粘膜を正常に保持し、視覚を正常に保ちます。

○ビタミンB

欠乏すると脚気になります。

○ビタミンB1

糖質をエネルギーにします。

○ビタミンB2

糖質、脂質や、たんぱく質をエネルギーにします。

○ビタミンB6

食品中のたんぱく質をエネルギーにし、

筋肉や血液を作るときに働きます。

○ビタミンC

細胞と細胞の間のコラーゲン作りに不可欠です。

○ビタミンE

抗酸化作用があります。

生活習慣病老化に関連する疾患予防に役立ちます。

○ビタミンK

血液凝固作用や骨形成作用があります。

骨粗しょう症治療薬としても使用されます。

○ナイアシン

糖質・脂質・たんぱく質からエネルギーを作る際の

酵素の補助の役割があります。

○葉酸

たんぱく質や細胞を作るのに必要な

DNAなどの核酸の合成をします。

その他にも

○食物繊維

○カリウム

○マグネシウム

○リン

○鉄

○亜鉛

○銅

○フキノール酸

○ケンフェロール

植物アルカイド

フキノドリ

などがあります。

植物アルカロイド下痢の原因となり、

フキノドリ発ガン性物質と言われているので

大量摂取には注意が必要です。

本当にたくさんの栄養素が含まれているんですね。

ただ、植物アルカロイドとフキノドリには

注意が必要のようですね。

ふきのとうの効能

アンチエイジング

○デトックス効果

○抗酸化作用

ガン予防

○便秘予防

などがあります。

下痢になる原因

こんなにたくさんの栄養素や効能があるふきのとうですが、

食べ過ぎたり体質によって

アレルギー反応が起きることがあります。

原因は『雄花の花粉』ということが分かっています。

花粉は熱やアルカリに強いので、

調理をしても残る場合があるようです。

《主な症状》

○蕁麻疹

○喉のイガイガ

○腹痛

○呼吸困難

○下痢

などです。

下痢はアレルギー反応や大量に食べたことによる

植物アルカロイドの大量摂取によるものかも知れません。

美味しくて栄養価の高いふきのとうですが、

やはりなんでも食べ過ぎは良くありません。

アレルギー反応による下痢の場合は注意が必要ですね。

ふきのとうで下痢がひどい場合は病院に行くべき!?

下痢がひどい場合は、病院へ行った方が良いでしょう。

植物アルカロイドが原因であれば、

下痢だけで済むかも知れませんが、

脱水症状が出る場合もあります。

そして、一番注意したいのは

アレルギー反応による下痢だった場合です。

アレルギー反応が原因だった場合は、

アナフィラキシーショックを起こす可能性があり、

とても危険です。

アナフィラキシーとは、

『即時型アレルギー反応』のことを言います。

《主な症状》

○『皮膚症状』

蕁麻疹・かゆみ・あかみ

○『呼吸器症状』

くしゃみ・せき・息苦しさ

○『粘膜症状」

目のかゆみ・むくみ・唇の腫れ

○『消化器症状』

腹痛・嘔吐

などがありますので、

こんな症状が出たら即病院へ行きましょう。

誤食に注意!!

ふきのとうと、有毒植物である

ナス科ハシリドコロ属の『毒草ハシリドコロ』は

よく似ているようです。

食べると中毒症状が出るので注意が必要です。

《主な中毒症状》

○嘔吐

○下痢

○血便

○瞳孔散大

○めまい

○幻覚

○異常興奮

などがあります。

ふきのとうを食べたあとの下痢には

いろいろな原因があるようです。

どれに当てはまるかわからない時には、

無理をせずに病院へ行くことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

本当に美味しいふきのとうですが、

食べ過ぎてはいけませんね。

良い栄養素がある反面、

発ガン性物質があったり

下痢の原因となるものがあったりと、

気を付けなければいけません

下痢で具合が悪いときに

自己判断は出来そうもありませんので、

ひどい場合には病院へ行きましょう。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする