飲みすぎた!次の日の朝、あなたは大丈夫!?

Sponsered Link



大人になると、誰もが一度は経験するお酒での失敗。

飲んでいるときは楽しく、気も大きくなって時間がたつのを、忘れ飲みすぎてしまいます。

しかし、楽しい時間も長くは続かず時が経てば・・・。

家路につく頃には頭はグルグル、足元はフラフラ、さっきまでの陽気な気分が嘘のように胃はムカムカ・・・。

飲みすぎ、二日酔いの足音が聞こえてきます。

こうなってくると、心にすっくと芽生える後悔の気持ち。

そんな時、どうしますか?

夜のうちにできる、朝すっきり目覚める方法!

Sponsered Link

何も対策をしなくてもどんなに飲んでも大丈夫!
翌朝はすっきりしっかり目を覚まし朝ごはんもおいしく食べます!

と、いう恵まれた体をお持ちの方はそうそういないと思います。

たいていは、昨日の自分を恨みつつ、頭痛や吐き気、眠気と戦い、“もうお酒は一生飲まない!”なんて、決して守らない不毛な誓いを立てつつ苦しみます。

そんな苦しみを少しでも軽減できるかもしれない方法をいくつかご紹介します。

・空っ腹には飲まない!
おなかが空いている状態でお酒を飲むと、アルコールを急激に吸収してしまいます。必ず何か、できればチーズなどタンパク質と脂質が多く含まれているものを食べてから飲みましょう。

・ウコンを飲む
有名なドリンク剤にもなっていますが、ウコンにはクルクミンという
肝臓の働きをよくしてくれる効能があります。
ウコンの他にもタウリン(主に牡蠣に含まれる)やオルニチン
(シジミに含まれる)も肝臓の働きをよくしてくれます。

・水分をとる
肝臓がアルコールを分解するためには、水分が必要です。
寝る前に水、もしくはスポーツドリンクを飲んでから眠りましょう。

ここで一つ注意してほしいことは、熱いお風呂やサウナに入って、アルコールを汗と一緒に出してしまおうと思わないこと!

体が熱くなることで、血液の循環が急激によくなり、心臓発作など、命に係わる事故につながりかねません

怖いものなし!二日酔いを、短時間で治す方法!

二日酔い対策を忘れてしまった!もしくは、それでも二日酔いになってしまった場合、早くこの苦しみから逃れたいと思うものです。

一番の解決方法は、とにかく水分をとってひたすら寝る!

しっかり水分をとることで肝臓の働きを助け、眠ることで不快な症状を一時忘れさせてくれます。

まとめ


私も実家にいたころ、会社の飲み会などでついつい飲みすぎて、翌朝二日酔いで部屋から出られないこともしばしばありました。

休みの日だった場合は、そのままひたすらうなりながら寝て過ごし、起き上がれるようになった時には、決まって母が梅干し入りのお粥を出してくれました。

飲みすぎたことへの罪悪感と、後悔をヒシヒシと覚えながら食べる梅干し粥は何とも気まずい思い出です。

節度を守って、翌朝も楽しい気持ちでいられるくらいのお酒でいられるといいですね。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする