ヨガ脳トレであなたも健康体に!脳が活性化する効果・実践法を紹介

Sponsered Link



多くの女性も若い人を中心に人気を集めているのがヨガです。
実践しているひとは健康的な体を目指して
ヨガをしていると思いますが、
ヨガは脳にも良い効果があるそうなのです。

そこで、今回はヨガの効果についてまとめてみました。

ヨガ脳トレによる効果は本当にあるのか?

Sponsered Link

ヨガの効果としては柔らかい体を作ったり、
女性に嬉しい美容の効果があることが一般的には多く知られています。

ヨガ自体が様々なポーズを取りながら
体をストレッチしていくものなので
そう思われるのかもしれません。

体のゆがみを矯正する効果や腰痛・肩こり解消、
ホルモンバランスを整えるなど様々な効果が期待できます。

しかし、ヨガは美容以外にも
脳に効果があると言われています。

ヨガは腹式呼吸と胸式呼吸を使い分けながらの深い呼吸が必須です。

目を閉じながら自分の呼吸に意識を向ける時間でもあるので
深くリラックスした状態に自分を置けるので、
ストレス解消や脳の活性化などにも効果があるようなのです。

ヨガは脳の活性化の効果あり!?

ヨガは目を瞑って深い呼吸をしながら
意識を集中させることで、脳の神経を活性化させてくれます。

脳の機能が高まると集中力が研ぎ澄まされるので、
仕事の作業効率があがりやすくなります。
その効果を求めて海外では経営者や起業家の方々に
ヨガの愛好者が多いそうです。

その脳の機能を高めてくれる効果が高いのが、左脳です。
ちなみに、左脳の働きは、
話したり書いたり分析したりする論理的思考が主になります。

それを証明するために海外では実験が行われたようです。

週3回、1時間のヨガを2ヶ月間高齢者の方に行ったそうです。
すると高齢者の認知機能が改善されたと報告されています。

驚くことに、認知症記憶訓練である脳トレよりも
ヨガは軽度認知障害の症状を緩和させる効果があったようなのです。

実験方法としては、
週に1度のクンダリーニ・ヨガと呼ばれるものと
1日20分の瞑想を行ってもらいました。

そうすると、3ヶ月後に脳トレを行ったグループと
ヨガと瞑想を行ったグループのどちらも
同じ程度の言語力記憶能力の向上が見られました。

しかし、違いが出たのは
視覚・空間記憶能力の向上が高かったことと
気分の向上や不安解消、情報処理能力、ストレス耐性の向上が
ヨガと瞑想を行ったグループでは見られた事です。

となると、従来の脳トレを行うよりも
ヨガや瞑想をするほうが認知症予防にはより良いということです。

【まとめ】


ヨガは美容の効果が高いことから
多くの若い女性から人気を集めていますが、
健康面でも良い効果が期待できます。

深い呼吸を行い瞑想することで、
意識を集中させて脳をリラックスさせます。
そのため、脳が活性化することによって
集中力が研ぎ澄まされることにより
従来の脳トレよりも認知症の予防に
効果が期待できるとされています。

ヨガは心と体のバランスを整えてくれる
すばらしいストレッチ方法と言えますね。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする