余っている古い年賀はがきって何かに使える?はがきのアレコレ!

Sponsered Link



今は年賀状を出す人も少なくなってきましたが、

年賀はがきって足りなくなると困るという思いから、

買うときは多めに買うという人が多いと思います。

でも、結局余ってしまって

使い道に困ることになりますよね・・・

捨てるにはもったいなくてどこかにしまい込んでいたら、

あるとき古い年賀はがきが大量に出てきたら

皆さんどうしますか?

古いからもう使えないと捨てるしかないと

考える人が大半だと思いますが、

ちょっと待ってください!

古い年賀はがきも使い道が結構あるのです( ^ω^ )

そこで、古い年賀はがきの活用方法について

ご紹介していきます☆

古い年賀はがきは郵便局で交換できる!! 

Sponsered Link

古い年賀はがきは、郵便局へ持っていくと

なんと官製はがきや切手と交換してもらえるそうです!

但し交換には一枚につき¥5の手数料がかかります。

持っていく手間はかかりますが、

捨ててゴミとなってしまうよりはいいですよね☆

しかもはがきは必ずしも未使用でなくてもよく、

書き損じや印刷ミスの年賀はがきでも

OKだということです!

もし、お金を支払うのがいやなのであれば、

手数料分を差し引いた数での交換も

可能だということです。

例えば年賀はがき100枚であれば

手数料差し引いた分の90枚と交換できる

ということになりますね☆

切手と交換したい場合も同様です(*^_^*)

だたし、その年の年賀はがきとの交換は

できないそうなので、そこだけ注意しましょう(=゚ω゚)ノ

郵便局で交換する以外におすすめの古い年賀はがき活用方法 

はがきや切手に交換しても、はがきや手紙を

書くことがないから使えない・・・

という人もいるでしょう。

ここで今度はそういう人にも役立つ

古い年賀はがきの活用方法をご紹介しますね(^^)

懸賞応募にチャレンジしてみる

捨てちゃうくらいだったら、当たるかもしれない

懸賞応募に使ってせっせと消費してしまいましょう。

もしかしたら、何か当たるかもしれないし、

当たらなくても捨てるよりは罪悪感なく

済みますよね(*^^*)

使う時の注意としては、年賀はがきの

『年賀』の部分に二重線を引くなどして

消しておくことです。消さないと、

元旦まで送り先に届かないということに

なってしまうということです(^^;)

切手やはがきに交換後、金券ショップへ!

古い年賀はがきは金券ショップに行っても

交換してもらえませんが、普通はがきや切手なら、

7割ぐらいの値段で換金が可能です!

とにかく現金が欲しいという人には

この方法が一番いいかもしれませんね( ^ω^ )

切手に交換してゆうパックの支払いに使う

荷物を送る際に使うゆうパック

切手での支払いも可能なので、

切手に交換しておけば、ゆうパックを

使用するときに使えます。いざという時のために、

交換した切手をお財布に入れておくといいですね☆

福祉団体へ寄付する

多くの福祉団体では活動資金へと充てるために、

使わなくなったはがきや切手などの寄付を募っています。

送る手間はありますが、ゴミになるより

誰かの役に立った方が気持ち的にもいいですよね☆

『はがき 寄付』で寄付できる団体を検索してみてください(^^♪

まとめ

古い年賀はがきの活用方法は

思ったより色々ありましたね!(゚д゚)

私は古い年賀はがきや書き損じはがきが

郵便局で交換できる事実を今回初めて知りました!

我が家にも年々の余った年賀はがきが

着々と溜まっていっているので、

今度交換に行ってみようかなと思います( ^ω^ )

うちの子供は懸賞応募が好きでよく送るので、

切手に交換しておくと懸賞応募はがきに使えて

便利だと思いました(^^♪

よく、切手を買いに行くのを先延ばしにしていたら

締め切り過ぎて送れなくなった

なんてことによくなるもので(;^_^A

交換したり、懸賞応募に使ったり、

寄付したりするのは手間と言えば手間ですが、

捨ててただのゴミになるよりはずっといいので、

お散歩がてら使わないはがきなどを持って

是非、郵便局に足を運んで見てはいかがでしょうか( ^)o(^ )

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

Sponsered Link
関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする