イラっとする前に!太陽以外にも眩しい他の車のライトへの対処法

Sponsered Link



運転の際、眩しさで視界が遮られてしまうと、

運転に支障が出て危ないですよね(゚Д゚;)

太陽が低い早朝や夕方など、直接光が差す眩しさはもちろん、

昼間でもボンネットからの反射で

眩しく見えたりするので注意が必要です。

でも、運転中の眩しさの原因は太陽だけではないのです!

そこで太陽以外に眩しさを感じるものと

その対策について調べてみました☆

太陽以外に眩しいと思う時はどんな時?

Sponsered Link

運転中、太陽の光以外で眩しいと思う時はどんな時か・・・

答えは、ズバリ他の車のライトです!

対向車のヘッドライトの光はもちろん、

後続の車のヘッドライトがバックミラーに反射して

眩しく見えることもあります。

雨や雪などの悪天候だと、

それらに光が反射して余計眩しくなったりします。

ハイビームにされるとひとたまりもありませんよね(^^;)

しかも最近はRV車やワゴンタイプなどの

車高が高めの車に乗る人が多いため、

ハイビームにしなくても、光が目に入りやすい状況となっているようです。

また、ライトの本来の役割は前方を明るく照らすことと

自車の存在を示すための手段ということから、

昔よりライトの明るさが増しているという側面もあるようです・・・。

車に乗っていて眩しい!と思うのを避ける方法ってある!?

眩しさにより視界を遮られると、

それが原因で事故などを起こす可能性が十分考えられますので、

眩しくて運転に支障が生じていると感じるならば

何かしらの対策は取るべきでしょう。

まず、おすすめなのは偏光サングラスです。

偏光サングラスは普通の眩しさに加えて

光の乱反射を防いでくれるので、

眩しくて目がちらつくのを軽減してくれます(^^)

そのため夜間でもサングラスをかけて運転する人が

結構いるようですね。

サングラスが何かしらの理由で使用できないという場合は

車用サンバイザーが便利です!

日中の太陽光と夜間のライトの眩しさ

両方に対応しているものも多くあり、取り付けも簡単で、

使わないときはたたんでしまうこともできるので

邪魔になりません(*^^)v

カー用品を扱うお店やホームセンターでも扱いがあるようなので、

探してみるといいでしょう。

値段は大体3000円前後くらいのものが多いようです。

まとめ

車を運転中の眩しさ対策について調べてきました☆

太陽光でも車のライトでも、対策として

一番支持されているのはサングラスのようですね。

個人的にはサングラスってちょっと気取った感じがして

敬遠しがちだったのですが、

安全面で必要ということならかけた方が絶対いいですね!

考えてみればおしゃれなどに一切興味のなかった私の父も

サングラスだけはたまにかけていました。

今思えば運転の時の

安全対策だったのかもしれませんね(*´ω`*)

しかし、サングラスもあまり安価なものだと

意味をなさないということだったので、

きちんと試着してかけ心地をチェックしてから

購入・使用するようにしましょうね。

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

Sponsered Link
関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする