桜のつぼみが「ほころぶ」という言葉の意味、分かりますか?

Sponsered Link



3月中旬も過ぎると

桜の開花が楽しみとなってきますよね(*^^*)

日本人にとって、特別な花として昔から愛されてきた桜は

花に興味のない人でも、開花と聞けば何とも嬉しくなる

稀有な存在です。

毎年、桜の下でのお花見が楽しみ

という人も多くいるでしょう。

ニュースなどで、桜の開花を伝える際に使われる言葉は

沢山ありますが、中でもよく耳にするのが

桜のつぼみがほころぶ

という言葉ではないでしょうか?

何ともステキな言い回しですよね( ^ω^ )

でも実際に、桜のどういう状況のことをいうのか

ご存知でしょうか?

また「桜のつぼみがほころぶ」の他に

そのようなステキな言い回しはあるでしょうか?

気になったので調べてみました☆

桜のつぼみがほころぶってどういう状況をいうの!?

Sponsered Link

「桜のつぼみがほころぶ」の意味ですが

ここでいう「ほころぶ」は「ほどける・やわらぐ・ゆるむ」

という意味になるので、

「ぎゅっと固くしぼまれていた

桜のつぼみがゆるんでほどける

といった感じの意味になりますね。

状況としては、つぼみがちょっと開いて

桜の花びらがチョコっと顔を出した状態、

つまり咲きかけの状態を指すと考えられます。

よく、桜の開花が伝えられたころに

桜の木を見ると、しっかりと開花した花の横に

今にも咲きだしそうなつぼみが見つけられると思います。

正にそれが「桜のつぼみがほころぶ」状況

ということになります( ^ω^ )

それにしても、ほころぶって語感がなんとも

奥ゆかしい感じがしていいですよね(*´ω`*)

桜のつぼみがほころぶに似た表現はある!?

桜のつぼみがほころぶに似た

おしゃれな表現は他にあるでしょうか?

調べたところ、桜のつぼみがほころぶ程では、ないかもしれませんが

「桜のつぼみが芽吹く

とか

「桜のつぼみが膨らむ

「桜のつぼみが色づく

なんていうのが、

個人的にはちょっとオシャレかな~と思いました♪

芽吹く」はつぼみができ始めた様子

膨らむ」はほころぶ前の状況を指すので

ちょっと表現する時期は違ってきてしまいますが

色づく」は

桜の花びらが見え始めた頃を指すということで

結構いいかな~と思うのですが

いかがでしょうか?(*^^*)

その他には、「つぼみを破く

とか、「つぼみを開く」とかいう表現もあって、

なんか小説とかとかに出てきそうな

言い回しだな~と思ったりしました。

こういったきれいな日本語を知ると、

手紙とかを書いてみたい気持ちになりますね。

まとめ

桜のつぼみがほころぶ」について色々と調べてきました☆

先程も述べた通り「ほころぶ」って言葉が

個人的にはとても好きですね。

他にも、「口元がほころぶ」とか「頬がほころぶ

といった言い回しで「つい笑顔になる」といった意味の

表現があって、何ともほっこりする感じがします(*^^*)

こうして調べてみると、日本語の奥深さを思い知らされますね。

美しい景色を見ながら、美しい言葉を使って、

俳句短歌を詠みたくなるという気持ちも

わかるような気がしてきます。

今どきの言葉も便利で面白くていいですが、

美しい日本語を知って、しかるべき時に使える

ステキな大人になりたいものですね(*´ω`*)

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

Sponsered Link
関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする