冷やし過ぎると生チョコじゃなくなる?冷やす時間はどれ位が良い?

Sponsered Link



寒い季節になると食べたくなってくる生チョコは、

なめらかなくちどけがたまらない

どちらかと言うと大人向けスイーツです

(洋酒が入っていたりするので^^)。

バレンタインの時期になると

手作りを楽しむ人も多いですよね(*^^*)

手作りしたときにうまく固まらなかったり

または固くなりすぎてしまったりした経験を

お持ちの方もいるでしょう。

生チョコは温度管理が難しいスイーツなのです。

そこで、生チョコのあのなめらかな口当たりを

損なわないような最適な冷やし方とは一体どのくらいか…?

調べてみました(*^^)v

生チョコを冷やす時間はどれくらいが最適!?

Sponsered Link

生チョコの良さは何といっても

あのなめらかな口当たりですよね!

でも冷やして味わおうとして冷やし過ぎると

その良さがなくなってしまうことになるのです。

最適な時間はというと、手作りのときは

冷蔵庫で1時間以上ということなので、

すでに出来上がったものを冷やして食べようとするときは

その半分くらいの時間を目安に冷やしてみましょう。

冷蔵庫によって冷え方が違うので

様子を見ながら冷やしてみることをおすすめします!

生チョコを冷やす時間以外に冷やす場所が重要!?

生チョコのやわらかさを保つためには

10度前後で保存するのが一番良いとされています。

なので冷蔵庫で冷やす場合は、

野菜室の温度が低すぎずちょうどよいです(*^^*)

通常の冷蔵室だと3~6℃くらいになっているので

長く冷やし過ぎると固くなってしまう恐れがあります。

まぁ固めがお好みの方もいるので

通常の冷蔵室でも問題はありません(^^)

野菜室なら温度が5~8℃くらいになっていますので

生チョコのなめらかさを損なうことなく

冷やすことができます(*^^)v

冷やして取っておきたい場合などは

野菜室に入れておくようにすると

なめらかさが長持ちしますよ☆

10℃なら冬場の暖房の効いていないところに

常温保存でもいいですね( ^ω^ )

まとめ

生チョコの冷やし方について調べてきました☆

冷やし方で注意すべきことは、

・通常の冷蔵室で冷やす場合は30分くらいまでに!

・冷やして取っておきたい場合は、10℃前後になるようなところで。冷蔵庫なら野菜室が最適!

ということです。

生チョコと言えば北海道土産の定番のひとつ、

ロイズの生チョコレートですよね(^^)

あの、爪楊枝みたいなのに刺して食べる感じが、

高級感があってたまらないですよね~( *´艸`)

今はお取り寄せとかがあるので

北海道に行かなくても食べることができるのでいいですよね☆

こんな話をしていたら何だか食べたくなってきました(^▽^;)

調べたら今は色々な種類の味が楽しめるのですね~!

私同様ロイズの生チョコが食べたくなったあなた!

ロイズのオンラインショップを載せておきますね~(*^^)v

↓↓↓

「ロイズonline」

https://www.royce.com/goods/list/?in_category=C201

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

Sponsered Link
関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする