せっかくのひな祭りなのに何もしないのはアリ?ナシ?

Sponsered Link



ひな祭りといえば、お雛様を飾ったり、チラシ寿司を食べたり

女の子の健やかな成長を祈る節句伝統行事の一つですね。

私も小さいとき毎年お祝いをしてもらいひな祭りが

来るたびワクワクしていたなぁと記憶にあります。

今のようなひな祭りを昔からやっていたのかというと

そうではないそうです。

ひな祭りの起源としては、

季節の節目や、変わり目に

災難や厄から身を守り、より良い幕開けを願う為の節句

が始まりとされています。

では雛人形は?というと、

平安時代に、川へ「紙」で作った人形を流す、流し雛があり

『上巳の節句』として雛人形は

『厄除け』の『守り雛』として祀られる様になった

のようです。

流し雛は厄除けとして儀式的に行われていたようですね。

雛人形といえば今ではコンパクトになって

出したり片づけたりするのが楽になっていますけど、

私が小さいころの雛人形といったら出すにも一苦労、

しまうにも一苦労している母を見てきました。

そんな母を見てきたのもありますが、

私が母になった今

ちょっとひな祭りが億劫になっているのも事実・・・。

そんなひな祭りに何もしないのはありなの?なしなの?

そこで世間のみなさんはひな祭りをしているか調べてみました!

ひな祭りに何もしない人がいる!?

Sponsered Link

ネットの投稿などみると

きちんとやっているご家庭も多数いたのですが、

やっていないご家庭もいることがわかりました。

でもまったくもってやっていない!という訳でもなく、

📌 雛人形だけ出した

📌 ケーキだけ

📌 お寿司買った

という投稿がありました。

私はオードブルとケーキを買うだけ・・・

だってひな祭りは祝日じゃないんだもん!!

という理由です(笑)

昼間は終日、仕事をしているので

なかなか雛人形を出してあげる時間がないのです。

昔一回出してあげたこともあるのですが、

顔が怖い!!と泣かれたことがあり

そこから出さなくなったのもあります(;)

今、お店で売っている雛人形は顔が可愛いものがありますが、

家に雛人形があるのに新しいのを買うのは

ちょっと気が引けてます。

ひな祭りに何もしないとき、代わりに何かする!?

代わりといってはなんですが、

お出かけなどして子供の記憶に少しでも残るような

思い出を作ってあげたいと、わたしは思っています。

ご家庭によって家族全員揃うところも

今は少なくないとは思うので

それもまた難しいところですよね。

そこはやっぱり、いつもよりちょっと豪華な食事とケーキで

子供が喜ぶようなことをしてあげたいものですね( ^ω^ )

ひな祭りの時たまに旦那が

娘と私にケーキを買って帰ってくるときがあります。

この年にもなってひな祭りのお祝いをされるとは・・・

と最初はびっくりしましたが、

いくつになってもお祝いされると嬉しいものですね

まとめ

もうちょっと子供が大きくなったら今ある雛人形を供養し、

ちょっと可愛い雛人形を買いたいと思います。

娘に片づけないで!と言われないことを願いますが(笑)

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

Sponsered Link
関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする