北海道の空港一覧!?間違えると大変だから知っておこう!

Sponsered Link



日本のなかでも一番面積が広い北海道。

北海道に行くときには、

行先に近い空港を選ぶ必要があります。

一番大きい空港が新千歳空港ですが、

北海道のどこに行くかによって、新千歳空港から

さらに移動しなければならないことになるのです。

北海道には12個の空港があるので、

まず新千歳空港に着いたら、また乗り換えて

行先の近くの空港まで行くこともできます。

飛行機で乗り継ぎしなくても、

新千歳空港の地下にJRが通っているので、

そこから各地へ行くこともできます。

北海道の空港一覧

Sponsered Link

北海道には全部で12個の空港があります。

北海道の中だけで

12空港があるなんですごいですね。

北海道の中心にある、

北海道最大の空港として知られている「新千歳空港」

そして「札幌丘珠空港」

北海道南側の空港、

「函館空港」「奥尻空港」

北海道北側の空港、

「旭川空港」「稚内空港」「利尻空港」

北海道東側の空港、

「帯広空港」「釧路空港」「女満別空港」「中標津空港」「紋別空港」

これだけ空港があるので、

広い北海道を移動するときには

乗り継ぎながら移動するのが楽だと思います。

北海道内を飛行機で移動するのは正しいのか

北海道の各地にある観光名所を回るとしたら、

JRもバスもありますが、近くまで飛行機で

移動するほうが、だんぜん楽だと思います。

もちろん、車で行ったりバスで行くこともできますが、

なんといっても北海道は広い!!

着いたところから次の行先まで、

車で何時間とかかることは普通です。

その間、延々とたまねぎ畑やじゃがいも畑が続き

外の景色を楽しむ・・・とまではいかないようです。

時間があまりない人は

飛行機による移動をおすすめします。

例えば、

函館から女満別まで飛行機では2時間ほどで行けます

JRで乗り継ぎながら行くとなれば

9時間以上かかるのです。

これだと、時間がたっぷりある人でないと、

北海道の旅はできませんね。

時間いっぱい北海道を楽しみたいというかたは、

上手に飛行機を使って旅行してください。

まとめ

北海道の面積が大きいのは地図を見たら分かりますが、

実際移動にかかる時間をみたら実感できると思います。

空港が北海道内に12個あるというだけでも

大きさが分かりますが、

移動に車を使うとさらに実感できると思います・・・。

一つの場所に観光を絞っていくならいいのですが、

いくつか回りたい、日にちが少ないという方

ぜひ飛行機で乗り継いでいくといいでしょう。

各空港にはいろんな売店やお土産屋さんがあったり

施設があるので、それを楽しむのもいいと思います。

北海道一大きい、新千歳空港には

お土産屋さんや飲食店が50件以上あり、

映画館やドラえもん、テディベアのミュージアムもあるので、

ここだけでも楽しめますね!

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする