日本人なら知っておきたい!?桜を使ったおしゃれな言い回しとは?

Sponsered Link



春は出会いと別れの季節。

学校の入学・卒業

新社会人の入社・・・

みんながそれぞれの不安や期待を抱える時期でもあります。

時には趣向を変えて、大切な誰かに手紙やメッセージカードを送ってみては?

今回は、そんな春にぴったりの桜を使った言い回しを紹介します。

桜にまつわる文の作り方を数パターン覚えていると、いざという時に重宝しますよ。

桜を使ったおしゃれな言い回し~初級編~

Sponsered Link

一口に桜といっても、花の見ごろは一週間ていど。

花便り

満開

散り始め

葉桜

と、その時の桜の咲き方によって言い回しを変える必要があります。

そろそろ桜の季節かな、という花の咲き始め頃には、

花便りも伝わる今日このごろ

桜の便りが聞かれるようになりました

などのメッセージから書き始めましょう。

満開の季節に送るなら、

こちらは桜が満開を迎えました

桜花爛漫の候

などから書き始めます。

散り始めた時期なら、

桜の花もはや散り始めてしまいましたが、新緑が鮮やかに芽吹いてまいりました

桜の季節が早くもすぎ、つつじのつぼみが膨らみ始めました

など、花が散った暗い印象から、新しい息吹を思わせる言葉を添え、前向きな印象に転換するのがポイントです。

桜を使った言い回しの後には、

いかがお過ごしでしょうか?

皆様お健やかにお過ごしの事と存じます

など、相手の健康を気遣う言葉を添えて終わりましょう。

桜を使ったおしゃれな言い回し~上級編~

まずは基本の例文を紹介しました。

「堅苦しくならず、もう少しこなれた雰囲気を出したい」

 

「本からそのまま抜き出したような味気ないものでなく、オリジナリティを出したい」

そんな時は、

桜も緑に輝き始めるこの季節、新生活にはもう慣れましたか?

満開の桜も、先日の雨ですっかり散ってしまいました。○○さんの方はいかがでしょうか?

など、自分や相手の近況を入れることでこなれた印象になります。

文面に取り入れると美しいと言われる言葉に、

花冷え

というものがあります。

これは、桜が咲く頃に寒さが戻る、といった意味で使われます。

また、

花曇り

という言葉もよく使われます。

これは、桜が咲く頃の曇天のこと。

花冷えの日が続いておりますが、お元気にお過ごしでしょうか

桜花爛漫の候とはいえ、花曇りの日が続く今日この頃、いかがお過ごしでしょうか

文面に入れるだけでぐっとおしゃれな雰囲気になりましたね!

まとめ

暖かくなり、思わず心が躍る春。

手紙にして、ポストカードに添えて、

大切な人と春の喜びを共有してみては、いかがでしょうか。

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

Sponsered Link
関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする