念のために持たせるのってあり!?修学旅行に隠し金っている?

Sponsered Link



修学旅行・・懐かしいですね。

私は中学も高校も京都でしたが、今の時代は海外へいくなんてところも多いんでしょうね。

実はそんな何十年も昔の私たちの頃でも修学旅行に持っていくオフィシャル的なお金以外にいわゆるへそくり的なお金、ありました。

友達と相談してこのくらいかしら・・って持って行った金額は確か5千円くらいだったでしょうか。

今思えば、そんなに何に使うの??て言う感じですが今になったら全くいらないお土産などを買っていたんでしょうね。

男子とかはそんな隠し金片手に、こっそりゲームセンターに行ったりして先生に見つかって連れ戻されたりしてましたね、私の時代ですけど。

では、この修学旅行の隠し金について迫ってみましょう。

修学旅行に隠し金、いくら持たせた!?

Sponsered Link

これは家庭によっていくら持たせるかはそれぞれだと思います。

中学生と高校生でもいくらかは違ってくると思いますが

中学生なら5千円、高校生なら1万円・・というところでしょうか。

あるアンケートでは最低金額が5千円で最高金額は2万5千円だそうです。

上限は低めにしておいてその金額内でなんとかやりくりしてもらった方が良いに越した事はありません・・・。

修学旅行に隠し金を持たせるならここに入れて!!

で、隠し金の金額がだいたい決まったところで

次はその隠し場所ですよね。

一応、隠し金を持っていないかチェックされるみたいなので慎重にいきたいところです。

せっかく色々考えて〇〇円渡したのに!なんてならないようにしましょう。

女の子ならやはりブラジャーの中が一番確実ではないでしょうか。

さすがにそこまでは調べられないと思いますが柔らかめのコットンか何かに包んで入れないとガサガサして気になっちゃうので気をつけましょう。

あとは生理用品の中、薬の箱の中、とかでしょうか。

男の子なら、バックの底にある中敷きの下、もしくはその板に貼り付けるなどはどうでしょう?

靴の中敷きだとなんとなく気持ち的にお札を踏むことになるのでシンドイですもんね。

あとはお守りの中。けれど今の子たちはお守りって持ち歩きますかね?

もしくは確実にバレない可能性があるのは、

学生服のスカートやパンツの芯がある部分(ウエスト等)やジャケットの内側の隠せそうな場所を何センチか縫ってあるところを開けて札を入れて縫い直す!

もうこれしかないです。(糸の色だけ注意です!)

でもこれだと時間と手間がかかるし、いざ使おうと思った時に縫ってある場所を開けるのに手こずります・・

もうここまでくるとそこまでして持っていきたいか・・って考えちゃいますけどね。

まとめ

隠し金を持っていくことで、お金が足りなくなったらどうしようという不安もなくなり、

案外全く手をつけずに帰ってくる子も多いと

なので、そこまで神経質にならずに適度な金額を渡したらいいと思います!

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする