建築業界の必須アイテムになる??VRヘルメットとは!?

Sponsered Link



V・Rとは、バーチャルリアリティを略したものです。

VRを取り入えれたゲームや、映像を鮮明にするVRゴーグルなど、

色々なシーンで大活躍中の技術です。

そんな中、建築業界でのVR技術の導入が進んでいるようです。

その中でもVRヘルメット”に注目が集まっています。

VRヘルメットって?

取り入れる利点は?

今回は、VRヘルメットと建築業界の結びつきについてお話します。

VRヘルメットとはどんなもの!?

Sponsered Link

VRヘルメットとは、仮想現実”を生み出すヘルメットです。

現実の世界よりも奥行きを出したり、空間が何処までも広がったような

何とも不思議な体験ができます。

その上、現実の物の性質も変えないというのは

凄い技術ですね。

ヘルメットタイプの物は、ゴーグルや眼鏡のタイプよりも

体を動かしてもズレにくいところが利点として挙げられます。

VRヘルメットは建築業界で使える!?

そんなVRの技術が建築の世界でも使われるって

どういうことでしょうか?

建築業界と言えば、工事をする前から完成したイメージを

組み立てておく必要がありますよね。

依頼してきた顧客に構想案を伝える際は、

設計図や模型を用います。

ですが完成後に、なんかイメージと違う?

となることもしばしば。

そう、平面から完成された建物を想定するのは

とっても難しいことなんです。

そこで登場するのがVRの技術。

完成する前から鮮明な映像が出来上がっているわけですから、

顧客と建築士の感覚の差を埋めることに成功したわけです。

実は建築業界ではVRの技術が続々と導入済みなんです。

今回注目したいのは、現場作業での利用。

平面から立体的な案を練るだけでなく、

なんと壁を透視して見ることもできるそう。

・ 空調設備の点検

・ ダクトや排水管の点検

・ 建物内の鉄骨構造の確認

などなど、取り入れられるシーンは沢山あります。

現場作業は危険も多いですから、事前にわかる情報が増えるのは、

安全対策にも繋がりそうですね。

このヘルメットを開発したのはDAQRIという企業。

3種類のカメラを内蔵し、

・ 利用者の位置づけを正確化

・ 空間内の認識

・ 温度測定機能

というハイテク機能を全て搭載したヘルメットです。

建築現場用に開発されたということなので、安全面も考えられた設計ということで、

これからの活躍に期待されています。

まとめ

ちなみに、建築現場でのVRヘルメットの利用は

試験段階のよう。

やっぱり新しい技術の導入には、安全性を証明する必要があるので

長い時間を要しますね。

実用性の幅が広がるVR技術のこれからに

期待したいですね!

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする