初心者の方に分かりやすく説明!スキーブーツの前圧調整とは

Sponsered Link



「前圧調整」という言葉、スキーをしたことがある人なら

一度は耳にしたことがあると思います。

でも、どんなことを指すのか、ご存知でしょうか?

「スキーブーツと板のセッティングの時の

何らかの調整のことでしょ?」となんとなくは

理解している人はいると思いますが、

正確な答えが出る人は案外少ないのかもしれません・・・(^^;)

そこで、今更聞くに聞けない「前圧調整」の意味などについて

詳しく調べてみました☆

スキーの前圧調整とは何!?

Sponsered Link

まず、前圧調整とはいったい何のことなのか・・・?

分かりやすくいうとスキー板についている

スキーブーツを留めるための器具の強度のことをいいます。

その器具のことを「ビンディング」と呼ぶので

「ビンディング調整」という言葉で

よく耳にする機会が多いかと思います(^^)

「ビンディング調整」は、転倒などして

スキー板に無理な力がかかった時に、

板とブーツが外れるようにする、その外れやすさを

調整することをいいます。

適正値に調整することで、スキーヤーを怪我などから守ることを

目的としています。

ビンディング調整には「解放値調整」「前圧調整」のふたつがあり、

解放値は「ブーツの板からの外れやすさ」を指し、

前圧は「ビンディングがブーツを挟む力」を指しているとのことで、

両者が正しく調整されていないと意味をなさないということです。

スキーの前圧調整ってメーカーによっても違うってホント!?

答えはYESです!

解放値は使う人のスキーレベルや体格などから算出され、

割と調整方法が分かりやすいのですが、

前圧はビンディングによって調整方法が異なるため、

各メーカーのビンディングに対する知識が必要となります。

そのため、各メーカーはビンディング調整を行う際は

メーカー認定の販売店での調整を推奨しています。

まぁネット検索すれば各メーカーのビンディング調整方法が

紹介されていたりもするのですが・・・

怪我などされた場合は自己責任となってしまうので、

経験や知識にそれなりの自信がある人以外は、

やはり専門の人に調整してもらった方が安心です。

正しく調整しないと、危険な場面でスキー板が解放されなかったり、

またはちょっとの衝撃で外れてしまって滑りにくかったりと

不都合が生じます(-_-;)

購入やレンタルの場合は

そのお店でそのまま調整してくれますし、

持ち込みでも技術料として2~4千円ほど払えば

調整してもらえますので、できるだけプロの方に頼んで

安心してスキーを楽しむようにしましょう。

まとめ

今更聞けないスキー用語「前圧調整」の意味について

ご紹介してきました!

前圧調整とは、

・スキーブーツと板の固定強度の調整に必要なもので、ブーツと板の外れやすさ(解放値)と、セットで正しく調整する必要がある。

・前圧調整にはビンディングそれぞれに対する知識が必要となるため、なるべくプロに依頼した方がよい。

と、いうことがお分かりいただけたと思います!

ビンディング調整はスキーヤーの安全を守るために

大切な要素となっているので、滑る前にきちんと確認してから

滑るようにしたいですね(*^^*)

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする