お客さんから貰った時はどうする?ホワイトデーのお返し

Sponsered Link



接客業をしていると、お客さんから

バレンタインデーの贈り物をいただく機会も

あるかと思います。

その真意(本命か義理か)は別として、

接客業という性質上、お客さんにまた来ていただきたい

という思いがあるでしょうから、

お返しはすべきと言うのが大方の意見です。

あくまで今後も店員とお客さんとしての

関係を良好に保つための義理の贈り物です。

ですが、案外チョイスが難しいものでもあります。

そこで、お客さんへのホワイトデーのお返しとして

具体的にどれぐらいのどんなものを贈るのがいいのか

調べてみました☆

お客さんへのお返しで適切な額ってどのくらい!?

Sponsered Link

バレンタインデーに女性が贈る

義理チョコの相場は1001000円位だそうです!

それに対するお返しは、特にお返しなんて期待していない

という意見が実は結構多いのですが、

もらえるならば5001000円位のものを

期待している女性が多いようです( ^ω^ )

実際義理チョコをもらった世の男性方も

お返しとして5002000円位を相場としている

ということなので大体理にかなっていますね。

いただいたものよりちょっと高めのものを選べば

がっかりされることはなさそうです(^^)

感謝の気持ちを表そうといただいたものより

明らかに高いものをお返しとして贈ると、

かえってお客さんに気を遣わせてしまうことに

なります(~_~;)

相手の気が重くならない程度にちょっと高めを心掛けると、

今後も店員とお客さんとしていいお付き合いを続けることが

できるのではないでしょうか(*^^*)

いつくるかわからない!そんな時におすすめなホワイトデーのお返しとは 

接客業の場合、お客さんとお会いできるのは

お客さん自身がお店を訪れてくれた時だけですよね。

なのでホワイトデーの頃にお客さんが

必ずお店に来てくれるという保証はないので、

準備をしていてもなかなか渡せない

ということもあり得ます。

基本ホワイトデーのお返しとして

喜ばれるのは消えものです。

中でもチョコクッキーなどのちょっとしたお菓子

渡しやすく、喜ばれます。

長期保存が可能なものならいいですが、

お客さんが来店するまでずっととっておくのは

ちょっと微妙なところでもあります。

食べ物系なら、紅茶ハーブティーなど

手ごろなサイズのものを準備しておけば、

しばらく取っておけておすすめです。

おしゃれなラッピングでセンスのよさを見せれば

喜ばれること間違いなしです(*^^*)

食べ物系がちょっと難しい場合は、

小さめのハンドクリーム使い切り入浴剤などが

贈り物として贈りやすく、値段も手ごろなのでおすすめです。

女性に人気のコスメブランドなどを

チェックの上、選びましょう。

ただ、香りには人ぞれぞれ好みがあるので、

あまり特徴的な香りを選ぶと使えなくて

困ってしまう可能性もあるので、

お客さんの好みも考慮の上、選ぶようにしましょう。

まとめ

お客さんにバレンタインの贈り物をいただいたら、

  • お返しはすべき!いただいたものよりちょっと高めの相場でお返しの品を選ぶと良い。
  • お返しとして喜ばれるのはちょっとしたお菓子だが、すぐに渡せない場合は紅茶やハンドクリームなども贈り物の候補として考えてもよい。

ということです!

私はよく行くお店の人にバレンタインを

贈ろうとしたことも考えたこともないのですが、

なかなかそういう人って女子力が高い

というイメージがありますね・・・

あくまで個人的な意見ですが(^^;)

なので、お返しはそこらへんで適当に買ったものだと

がっかりさせてしまう可能性が高いので、

それなりのものを厳選して用意した方が

いいと思われます。

・・・かといってあまり気合を感じられるものだと

重くとられることになるのでバランスが大切です。

そう考えると接客業の方ってほんと大変ですね(;^_^A

まぁ相手はお返しなど期待していない場合も多いので、

お返しを渡しただけで喜んでもらえることは

確かだと思いますけどね・・・

お返しの品選びもセンスを問われるところだと思うので、

ネットなどでリサーチしながら

ハズレのないものを選びましょう!

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする