ちゃんと知ってる!?ビフィズス菌たっぷりのヨーグルトは

Sponsered Link



ビフィズス菌は体にいいとは聞いたことがあるけれど、
実際にどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか?

また、ビフィズス菌がたっぷり入っているヨーグルトはどれなのでしょうか?

調べてみました。みてみましょう!

【ビフィズス菌とは】

Sponsered Link

ビフィズス菌は、悪玉菌の増殖を抑えてくれて、
腸内環境を整えてくれる善玉菌です。
大腸が悪玉菌に侵され有毒物質が充満してしまうと、
排便などの代謝活動が阻害され
便秘の原因となりますので、大腸が活動するには、
ビフィズス菌の存在が不可欠です。

悪玉菌は、年をとると増える一方、
ビフィズス菌は、加齢とともに減少してしまう性質がありますので、
食品などから積極的にビフィズス菌をとる必要があります。

【ビフィズス菌が本当に入っているか】

ビフィズス菌を多く含むとされるヨーグルト
ヨーグルトならどれを食べても、
ビフィズス菌は入っているだろうと思いがちですが、
実は、ビフィズス菌が入っていないヨーグルトも多くあります。

市販されているヨーグルトの多くが
「サーモフィルス菌」と「ブルガリア菌」から作られていて、
ビフィズス菌は含まれていません。

ビフィズス菌入りのヨーグルトをつくることは、
様々な工夫を必要とし、容易なことではないそうです。

しかし、今日では、
国内外のメーカーや研究機関の努力の結果、
ビフィズス菌入りのヨーグルトが開発されて、市場に出回っています。
その中でも特にビフィズス菌がたっぷり入っているヨーグルト
どれなのでしょうか?

調べてみました!

1.高濃度ビフィズス菌飲料Bifix1000a

1本に1000億個ものビフィズス菌Bifixを含みます。
飲むタイプのヨーグルトなので、
お手軽に大量にビフィズス菌を補給することができます。

2.ビヒダスBB536プレーンヨーグルト

100gあたり20億のビフィズス菌BB536を含みます。
酸味を抑えたまろやかな味わいです。

【もったいない食べ方をしていないか】

ビフィズス菌は強い酸性に弱い、という性質をもっています。

せっかくビフィズス菌がたっぷり入ったヨーグルトを食べたとしても、
胃酸の強い空腹時や食前に食べると、
ビフィズス菌が死滅してしまい、
生きたまま、無事に腸に届く事が出来ました。

ビフィズス菌が入っているヨーグルトは、
胃酸の薄まった食後に摂取するのがよいでしょう。

また、ビフィズス菌ヨーグルトを食べる最適な時間帯は「夜」になります。

なぜならば、就寝から4時間くらいまでが、
腸が最も活発に動く時間だからです。

その前にビフィズス菌を摂取することで、効果がより高まります。
就寝3時間前にとると、胃にも負担がかからないようです。

夜22時~翌2時までの眠っている間の腸の「ゴールデンタイム」前に、
ビフィズス菌をとることで、腸の活発化、
および腸内環境の美化をパワーアップすることができるのです。

眠っている間にビフィズス菌などの善玉菌が働いて
腸内環境を整えてくれたり、
老廃物の排泄を促してくれる効果が期待できます。

【まとめ】

いかがでしたか?

ビフィズス菌をたっぷりとって腸から美しくなりたい、
と願う方は、効果的な食べ方についてもぜひ参考にしてみてくださいね!

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする