デスクワークはなぜ腰痛になりやすいのか?その原因と対策を紹介

Sponsered Link



現在、パートですが事務の仕事をしていて、
もともと腰が痛いということはあったのですが、
パソコンを使う事務の仕事で
座ることが増えてから
仕事が終わってからの
腰の痛みがひどく悩んでいます。

私の場合は一日中
ずっと座りっぱなしというわけではないので、
毎日8時間デスクワークをしている人のことを思うと
もっと腰痛で悩んでいる人が
たくさんいるのではないかと思い
その原因と対策について
少しでも参考になればと思い
ご紹介したいと思います。

座り続けることでなぜ腰が痛くなるのか?

Sponsered Link

まず、座っているだけなのに
なぜ腰が痛くなってしまうのか
という事について、説明していきたいと思います。

私も仕事をしているときにしてしまいがちなのですが、
画面を集中して見てしまうことによって、
首が前に出て猫背の姿勢になってしまうことです。

この姿勢は腰が丸まってしまい、
前に重心がかかるので
腰への負担が大きくなってしまうようです。

この姿勢が長時間パソコンに
向かっている人に多い姿勢で、
スマホなどを長時間見ている人にも
この姿勢が多いようです。

かといって姿勢を良くしようとして
反り腰のような姿勢になるのも
一見姿勢がよく見えるようですが
腰に負担がかかっている姿勢のようです。

長期間このような姿勢をとっていると
骨盤のゆがみなどの
原因にもなってくるかと思います。

では、どう改善して対策していけばいいのいか・・・
それを次にご紹介したいと思います。

腰痛の予防法&改善法ご紹介

さきほど書いたように、腰痛の原因は
座っているときの姿勢の悪さにある
ということが分かると思います。

かといって猫背や姿勢の悪さが
1~2日ではすぐに改善するものではありません。

姿勢の改善は毎日の生活習慣の中で、
少しずつで良いので改善していく事が必要です。

そこで、腰への負担の少ない座り方
調べたものをご紹介します。

・ 椅子に深く座り、背もたれに背中をくっつけて座ります。
・顎を引き、頭をまっすぐにします。
・ 太ももをそろえ、膝をつけ、
   膝は90度になるようにします。
・ 膝の関節が股関節よりも高くなる様に、
   椅子の高さを変えたり
 台を使うなどして調節します。
・椅子と机の間隔を空け過ぎ無い様にします。
・足の裏はしっかりと床につけます。

今書いたことが腰への負担の少ない座り方です。

私も実際してみましたが、初めは猫背の姿勢が
自分に染み付いてしまっていることもあり
すぐに猫背の姿勢に戻ってしまっていて、
意識しないと大変でした。

猫背の姿勢を長い間していたせいか、
この姿勢になると
逆に体がだるいような感じもしました。

なので、座っている時だけでなく
普段の生活の中で猫背を意識して
直していかないとダメなのだと思い
意識するようにしました。

後は背もたれと腰の間にクッションを入れる
などして工夫もしてみました。

私はクッションを入れることによってこの姿勢をすると
だるいなと感じていたことも改善され
自然にこの姿勢ができた気がします。

なかなか毎日の習慣を直すというのは大変で、
私も無意識なうちに猫背に戻ってしまうこともあり、
なかなか改善するには時間がかかりそうです・・・。

今でも腰痛が全くなくなったというわけではありませんが、
自分の姿勢を見直して意識するようになってから
周りから「姿勢よくなったね。」と言われることも時々ありうれしいです。

あとは自分だけでなく、家族や親しい人などに
自分の姿勢について伝えたり聞いたりして、
悪い姿勢になっているときは
声をかけてもらったりして
少しずつ改善していきました。

まだ、猫背になることもありますが、
腰の痛みは意識する前よりは改善され、
突然の痛みなどなくなりました。

まとめ

私の場合は、そこまで腰痛がひどくなかったから
姿勢の改善をするだけで
ここまで腰痛がましになったのかもしれせん。

腰痛で悩んでいる方の少しでも参考になればと思い、
自分の調べた情報や経験などを紹介させていただきました。

それでも腰痛が改善しないなど痛みが続く人は
専門の病院や医師に相談されるといいかと思います。

私の情報が少しでも参考になればうれしいです。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする