数の子をおいしく食べたい方に!塩抜きは米ぬかがおススメ!!

Sponsered Link



お正月のおせち料理にも欠かせない数の子は

あのプチプチした食感と絶妙な塩加減が

美味しさの重要なポイントです(^^)

数の子を購入したら、そのままではとてもしょっぱくて

食べられたものではないので、

食べる前に「塩抜き」という作業が必要となります。

数の子の塩抜きは、通常塩水につけて行うのが

広く知られているようですが、ぬかを使っても

塩抜きができるということなのです!

しかも塩水よりも失敗が少なく、

数の子の苦みや臭みも取ってくれるというから

驚きです!(◎o◎)

そこで、米ぬかを使った数の子の塩抜き方法について

ご紹介したいと思います☆

#米ぬかで塩抜きする方法を紹介

Sponsered Link

数の子の塩抜きは、3%くらいの塩水に

数の子を一日つけて(途中8時間おきに

塩水を交換)浸透圧の原理で塩抜きを行うのが

一般的なのですが、塩が抜けすぎると

苦みが出てきてしまったりと

なかなかその塩梅が難しいのです(^^;)

その点米ぬかは、そういった失敗が少ない

ということなので初めての方でも安心ですね☆

米ぬかは、お米をといだあとのとぎ汁を使います(^^)

方法は簡単で、

①数の子を米のとぎ汁に一晩つける。

②数の子をざるにあげ、たっぷりの水に5~6時間つける。

これで塩抜き完了ということです!

水につけると、数の子の表面に薄い皮が浮いてくるので

それらをきれいに取り除くとおいしくいただける

ということです(*^^*)

#数の子の塩抜きを短時間で行う方法はある!?

 

塩水を使う方法も、米ぬかを使う方法も、

丸一日は数の子をつけておかなければならないので

時間がかかります・・・

もっと短時間で塩抜きできないの!?

と思う方もいるでしょう。

そこで、短時間でできる数の子の塩抜き方法も

ご紹介しちゃいます(*^^)v

数の子の塩抜き短時間ver.

①  40度くらいのぬるま湯に、濃度1%くらいになるように食塩を溶かし、数の子を1時間つける。

②  薄皮が浮いてくるので取り除く。

③  真水に1~2時間つける

(途中2~3回水を替える)

※塩が抜けすぎてしまったら、もう一度

最初の塩水よりやや濃い目の塩水に

1~2時間つけると、苦みが抜け、塩分が戻ります( ^ω^ )

最後の※の方法は、通常の方法で

塩が抜けすぎてしまったときにも使えます(*^^*)

#まとめ

 

数の子の塩抜き方法で出てきた「浸透圧」という言葉、

高校の生物の授業で習いましたよね~

懐かしい(*^^*)

浸透圧は、実は料理でよく利用している

原理なのですよね。

塩抜きした数の子は、お好みで味付けをして

いただくことになると思いますが、あまり

長持ちはしないので早めに食べるように

してくださいね!

味付けは醤油漬けや粕漬けが有名です(^^)

そのまま鰹節としょう油をかけていただいたり、

サラダに和える食べ方もありますね☆

ちなみに塩抜きする前の数の子であれば

長期間冷蔵保存が可能だということです!

私は正直数の子があまり好きではないので

お正月でも食べることはあまりないのですが(^^;)

もし数の子を調理する機会があったら、

参考にしたいと思います(*^^)v

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする