実はいけない!?カレーの鍋を冷蔵庫へ保存してはいけない理由

Sponsered Link



カレーは子供から大人まで、みんなが大好きな家庭料理の逸品です!

できたても、もちろんおいしいけど、なかでも一晩寝かせ、味がなじんで、コクもまろやかさも増した“二日目のカレー”を楽しみにしている人も多いはず。

でも一晩そのまま常温で寝かせるのは、梅雨時期や夏にかけては食中毒も心配です。

だからといって、鍋のまま冷蔵庫で保管していませんか?

実は別の心配もありますよ。

なぜカレー鍋を冷蔵庫へ保存してはいけないのか?

夕飯用にカレーを作ると、翌朝の朝ごはんメニューは簡単!

カレーライスはもちろんパンに浸して食べるもよし、めんつゆとうどんを入れて煮立たせカレーうどんにするもよし。

何だか心も軽くなり、手間も省けてうれしいのでついつい少し多めに作ります

5歳の息子も某食パンメーカーのCMを見て以来、厚切り食パンの中ほどに切れ目を入れ、ポケット状になった部分にカレーを入れてトースターでチン!

とてもおいしそうに食べてくれます。

そんな万能なカレー!

手軽だからと鍋のまま冷蔵庫に入れると場所を多くとるし、以下の良くないことも考えられます。

カレー 鍋を冷蔵庫へ保存してはいけない3つの理由

Sponsered Link

カレー鍋を冷蔵庫に入れてはいけない理由は、

・十分に冷ましていないと、冷蔵庫内温度が上がってしまう
・ カレー鍋は密閉容器ではないので、臭いの強いスパイスを含んだカレーは、庫内に臭いが移ってしまう可能性がある。
・ カレーは酸性成分を多く含んでいるため、長時間鍋に入れておくと鍋の劣化につながる。

以上の理由から、カレーを鍋ごと冷蔵庫に入れてはいけないことがわかります。

では、正しいカレーの保存方法はどうしたらよいのでしょうか?

1 しっかりとかき混ぜながら加熱する。
2 その後鍋のふたを開けたまま、鍋底を水につけるなどして急速に冷やす。
3 タッパーやジップ付きの密閉できる保存容器に入れて、冷蔵庫もしくは冷凍庫で保管。

冷蔵庫で保存した場合は2、3日程度、冷凍保存した場合でも、1か月程度を目安に食べきるようにしましょう。

冷蔵庫の中身をはじに寄せて、十分に冷めていない鍋ごと冷蔵庫に入れてしまいがちです。

私も先日までは当たり前のように、ためらいもなく冷蔵庫に入れていました。

でも今回調べてみて、少し手間はかかるけれどタッパーやジッパー付き容器に入れ、保存することによって、より安全においしく食べることができると知り、早速カレー用の密閉容器を準備しました。

カレー好きの方もぜひ取り入れてみてください。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする