もうすぐ虫歯予防デー!!何をしたらいいのか詳しくお伝えします。

Sponsered Link



6月4日~10日まで、「虫歯予防デー」です!

虫歯を予防して歯を大事にする週間、知っていますか?

歯は、食べ物をすりつぶして小さくしてくれる働きがあります。

歯がなければ、食べ物を食べることが難しくなるし、栄養が十分に取れません

そうなれば、健康を維持していくのも大変ですね。

口の中の環境整備は、健康保持に大変重要なのです。

歯周病が肥満を引き起こす原因のひとつともいわれているので、口の中の健康も維持していきたいですね!

ここでは、虫歯予防デーの目的と取り組み方についてお伝えします。

虫歯予防デーっていつ!?目的と取り組み方は?

虫歯予防デーは、1928年から1938年まで日本歯科医師会が、「6(む)4(し)」にちなんで6月4日に「虫歯予防デー」を実施していました。

その後、名前を変え、1949年に「口腔衛生週間」として6月4日~10日に変更されています。

そして、現在は「歯と口の健康週間」となっています。

目的は、歯と口の健康の正しい知識を普及させるとともに、虫歯の予防に関する適切な習慣を普及させて、虫歯の早期発見と早期治療を徹底することにあります。

普段、あまり気にしてない口の中を見直し、歯は何本あるのか、お口の中に病気や虫歯は無いか、歯の形はどんな形など、この機会に知って大切にしようという意識を持ちましょう。

取り組みとして、歯磨きの習慣は小さいうちから、つけていくものということで、保育園や幼稚園でも力を入れているところも多くあります。

歯医者さんを呼んで、歯の磨き方虫歯にならないような習慣などを教えてもらったりします。

始めよう!!虫歯予防デーに向けて!!虫歯0への第一歩!!

Sponsered Link

歯医者さんに行くのって子供も大人も嫌ですよね・・・。

治療の痛いイメージとあのキュイーンって音が嫌だったり。

でも、そもそも虫歯を作らなかったら、そんな思いもしなくていいです。

虫歯になる前に予防の仕方を知りましょう!

実は科学的に予防できると証明されているのは、「フッ素のみ」なんです。

虫歯菌だけでなるものではなく・・・、

唾液の量や、食事の頻度、歯の質、フッ素の使いかたなど、様々なことが重なり合って、虫歯になるのです。

予防として、歯の溝をシーラントで埋めることも効果的です。

溝のなかに食べかすがたまらないように埋めてしまえば、虫歯もなりにくいです。

歯磨きをしっかりするのも大切ですが、「糸ようじ」や「歯間ブラシなど」で間の汚れも時々掃除しましょう。

まとめ

いくら保育園や幼稚園で力を入れて取り組んでいても、やっぱり家庭での習慣が大事で、10歳までは親の仕上げ歯磨きが必要だと言われます。

子供の歯を守るのは親の役目です。

この虫歯予防デーに、一度歯ブラシを見直し、歯に合った歯ブラシを用意しましょう。

口の中の病気は虫歯だけでなく、色々あるので、気になった方は歯医者さんに行って見てもらいましょう。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする