ふきのとうの下処理ってどうすれば?あく抜きしないでも平気なの?

Sponsered Link



春が近づくと、ふきのとうが美味しい季節になります。

独特なあの味は苦手な方もいますが、

好きな人にはとてもクセになる味です。

そんな、ふきのとうのあく抜きについて、

ご紹介します。

「ふきのとう」あく抜きしないとどうなる!?

 

Sponsered Link

あく抜きをする理由

あく抜きをする理由は

○《無駄な渋み

○《えぐみを取る

ためです。

『えぐみ』とは苦味とは違い、

口に入れると舌が荒れてしまいます

そんな『渋み』や『えぐみ』が残っていては、

美味しく食べられません。

『渋み』や『えぐみ』を取るために、しっかりとあく抜きをします。

ふきのとうのあく抜きと下処理の方法

ふきのとうを軽く水洗いします。

(まわりの黒い葉は、取り除きます。)

ふきのとうを鍋に入れたら、

ひたひたになるくらい水を入れて、5分程ゆでます。

(ふきのとうの中まで火が通れば大丈夫です。)

すぐに冷水に取り、ひと晩水につけておくことで、

あくが抜けます。

ひと晩待てない場合は、

鍋の中に重曹を小さじ1/2ほど入れます。

同じく5分程ゆでて冷水にとります。

ポイント冷水に入れることでキレイな緑色になります

『ふきのとう』とは

ふきのとうは『花のつぼみ』です。

時期は12月頃から出回り始めて、

3月から4月頃までがシーズンです。

地域によっては、5月頃までシーズンの場合があります。

花が咲いたあとに伸びてくる葉が、『ふき』です。

『ふき』も美味しいですが、

ふきのとう』の方が栄養価が高いです。

ふきのとうは主に

『ふきのとうの天ぷら』や『ふきのとう味噌』で食べられます。

ふきのとうを美味しく食べるには、

あく抜きは必須なんですね。

旬な時に栄養価の高いふきのとうを、

あく抜きをして、美味しく食べたいですね。

ふきのとう、あく抜きしないと体に悪い!?

『ふきのとう』や『わらび』などの山菜は

発ガン物質』があるので、

そのまま食べるのは危険です。

『発ガン物質』以外にも

『鉄分』や『カルシウム』の吸収を妨げるものもあります。

○鉄分が不足すると?

鉄分が不足すると、

免疫低下貧血皮膚病幻覚味覚異常などが起こります。

○カルシウムが不足すると?

カルシウムが不足すると、歯や骨が弱くなるので

成長不足動脈硬化イライラなどが起こります。

そして、『あく』は結石の原因になります。

腹痛や嘔吐・排尿障害・血尿・激痛などをともないます。

これらを防ぐためにも、

あく抜きをしっかりとやることをおすすめします。

山菜をそのまま食べると、

発ガン物質があるなんて知りませんでした…。

鉄分やカルシウムの吸収まで妨げてしまうなんて…。

ちゃんと下処理をしてから、食べなくちゃいけませんね。

まとめ

いかがでしたか?

美味しい山菜は、

きちんと下処理をしてから食べないと体に悪いようですね。

あく抜きは難しくはありませんから、

栄養価の高いふきのとうを、

しっかりと下処理をして美味しく食べましょう。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする