たけのこはあく抜きが面倒??実は簡単なオススメの方法とは?

Sponsered Link



たけのこ大好き!!な私です

よくご近所さんからたけのこをいただくのですが、

嬉しい反面、正直面倒くさい!!となります(;)

たけのこをおいしく食べる前に、

あく抜きという下準備で疲れてしまっている方も

たくさんいらっしゃるかと思います。

そんな方々に今回は

簡単なたけのこのあく抜き』をご紹介したいと思います。

たけのこ単体はあく抜きをしないと食べられない?

Sponsered Link

そもそも、なぜたけのこはあく抜きをしなければいけないのか?

まず、あく抜きと言っていても、

じゃあ『あく』って何??

食品のアクは食物に含まれるえぐ味、渋味、

苦味など不快で不要とされる成分の総称。

引用:Wikipedia

なるほど。

なので、たけのこのあく抜きは

えぐ味を取るためにしなければいけないのですね。

えぐ味とは食べたり飲んだりすると、

喉がいがらっぽくなったり、舌がヒリヒリして嫌な味を感じ、

苦味とは全く違う味なのです。

たけのこは採ってから時間が経つ程あくが強くなります。

たけのこ=あく抜きが一般的かもしれませんが、

採れたてのたけのこは

刺身でも食べることができるんですよー

ですが、ほとんどのご家庭で採れたてのたけのこを

手にすることはなかなかないかと思います。

頂いたたけのこも、果たして

採れたてなのかどうか?わかりませんよね。

たけのこは採った瞬間からどんどんあくが強くなっていくので

たけのこを食べる際には必ずあく抜きをしてから

料理に使いましょうね

これなら簡単!?誰でも出来るたけのこのあく抜きの方法とは

まぁ、今ではスーパーなどでたけのこの水煮は売っていますが、

もしご近所さんから頂いたときの為にも

覚えててもらえたらと思います。

📌材料

 ・ たけのこ

 ・ 大根

 ・ 塩

📌作り方

 大根をおろして、汁だけを使います。

おろしは大根おろしとして食べちゃってください( ´艸`)

 たけのこは穂先1/5を斜めに切り落として、縦に軽く包丁を入れ皮をむいてください。上の方はくし切りに、下の方はいちょう切り

 大根おろしの汁を倍量の水で薄め、塩小さじ1弱加えたところに切ったたけのこを入れ浸し、30分以上置いてください。

料理に使う前に水洗いし、2分程茹でます。

はい!これだけですー

簡単ですよね??

米ぬかや重曹などを使ってのやり方もあるようですが、

とりあえず私の家にはありません()

代わりにお米を使ってもいいそうですが、

お米がもったいない(;)

大根でしたら大根おろしとしても使えますし、

長い時間コンロを占領されませんから

浸している間に他の料理もできます

まとめ

たけのこの旬は、

あっという間に過ぎていってしまいますが、

ご紹介した、あく抜きの方法で楽しく料理をしていただき、

おいしく召し上がっていただけたらなぁと思います

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする