健康に効果あり!?果実酢使ったレシピを紹介!

Sponsered Link



酢は体に良い事は知っていても、なかなか料理のレパートリーも限られてくるところです。

しかも、果実酢となると、どう料理に取り入れていいのか、悩む人も少なくありません。

そこで、今回は果実酢を使った健康になれる美味しいレシピを、ご紹介したいと思いますので、

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

果実酢で健康体に?そのレシピと方法を紹介!

果実酢は家庭でも簡単に作ることができ、長期保存もできます。

バナナやイチゴ、ブドウ、キウイ、桃などの果実を

酢と氷砂糖の容器の中にいれて1週間ほどでできあがります。

果実は1週間から2週間を目安に取り出して

そのまま食べたり、ヨーグルトと一緒に食べても美味しいです。

興味のある方はぜひ、自分で果実酢を作るところから

始められてみてはいかがでしょうか。

もちろん、市販でも果実酢は売られています。

そこで、健康になれる果実酢レシピ紹介しましょう。

初めて果実酢を使う方にも作れる簡単なものとして、和え物をお教えします。

材料は、

 リンゴ酢(大さじ3)、

 塩(少々)、

 キャベツ(1/2個)、

 リンゴ(1/4)、

 キュウリ(1/2本)を用意します。

キャベツは小さめにちぎって、キュウリとリンゴは少し大きめのせん切りにして、

軽く塩を振りしんなりするまで塩もみしておきます。

しんなりしたら塩を洗い流して、水気を良く切っておきます。

容器に野菜を入れたらリンゴ酢を回しかけて、全体に馴染むように和えたら完成です。

酸味がきつい場合は、好みで砂糖を少し加えても良いでしょう。

さっぱりとした和え物ですので、食べやすいと思います。

 

さらに果実酢は、メインの料理にも取り入れられます。

お肉料理だと柔らかくなるので、良い効果があります。

 

鶏の唐揚げ甘酢ソースのレシピです。

材料は、

 鶏もも肉(270g)、

 下味用としてリンゴ酢(大さじ1)、

 醤油(大さじ1と1/2)。

 小麦粉(大さじ3)、

 片栗粉(大さじ3)、

 油(適量)。

甘酢ソースとして、

 リンゴ酢(大さじ1/2)、

 トマトケチャップ(大さじ1/2)、

 醤油(大さじ1/2)、

 砂糖(大さじ1と1/3)、

 酒(大さじ1)、水(1/3カップ)、

 鶏ガラスープ(小さじ1/4)、

 片栗粉(小さじ2~2と1/2)同量の水で溶いておく。

作り方は、

 鶏もも肉は脂と皮を除いて

 3㎝角ほどの食べやすい大きさに切ったら

 下味用の調味料で揉み込んでおく。

 小麦粉と片栗粉を混ぜ合わせたモノに

 汁気を軽く切ってまぶして油で揚げます。

 甘酢ソース用の材料を混ぜ合わせて

 弱火でとろみが付くまで煮ます。

 

揚がった鶏肉をからめて

器に盛りつけて完成です。

 

果実酢を使うことにより、ほのかに爽やかな香りで、普段と少し違った味わいになります。

果実酢のレシピで健康になれる理由とは?

Sponsered Link

果実酢には健康になれる栄養素が多く含まれています。

お酢の酸っぱさである酢酸は、体内に入ると『クエン酸』に変わり、このクエン酸は代謝をアップさせる効果があり、

痩せやすい体質に変化します。

さらに、疲労回復にも効果があるので、疲れが溜まりにくくなります。

また、果実酢には酢に含まれるアミノ酸』があります。

アミノ酸は脂肪が作られにくくしたり、脂肪の分解を促進する働きがあるので、脂肪燃焼効果が期待されます。

そして、果実酢には血糖値の上昇を抑える効果』もあります。

空腹時に食べ物を食べると、急激に血糖値が上がってしまい、

そのときに血糖値を下げようと、インシュリンがたくさん分泌されてしまいます

インシュリンが分泌されると、脂肪をためやすくしてしまう流れを作ってしまうために、

果実酢を飲むことで血糖値の上昇を抑えることができます

女性に多い悩みのひとつで、便秘があげられます。

酢は腸を刺激してお通じを促す他に、ビタミンCの吸収を高める働きもあります。

腸内の善玉菌を活発にする役割の乳酸菌は、

ビタミンCと相性が良いので、ふたつの効果を兼ね備えた果実酢には、

便秘解消が期待できます。

 

酢は実はアルカリ性の食品で、体を弱アルカリ性に保つために、腎臓の働きを活発にして

余分な老廃物を排出してくれます。

そのおかげでむくみも改善されます。

【まとめ】

 果実酢に含まれる栄養素には、アミノ酸クエン酸ビタミンCなど、ダイエットや健康な体作りに必要なものが多く含まれています。

いつもの料理に加えるだけで、体に良い効果も期待でき、料理の味わいも果実のほのかな風味を

楽しむことができるものになるので、美味しいモノを食べて健康な体になっていく良い流れになります。

料理に色々使えるので、自分でたくさん作って保存しても良さそうですね。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする