驚きのコスパが嬉しい!ピーマンと肉味噌の効能/レシピも紹介

Sponsered Link



冷蔵庫にピーマンがあるなら
肉味噌を使ったメニューならご飯がすすむこと間違いなしです。

たくさん作ってもあっという間に無くなるくらい美味しい上に
安いなら家計も大助かりではないでしょうか。

そこで、ピーマンと肉味噌の組み合わせの
安い、美味いレシピをご紹介しましょう。

ピーマンと肉味噌の料理で安くて美味しくできる方法!

Sponsered Link

ピーマンは主に
ビタミンC、カリウム、カロテンが豊富な食材です。
シミやそばかすの抑制や美白効果もある食材なので、
女性にとっては嬉しいですよね。

そのピーマンを使った料理は
加熱調理をしても栄養価が消失しにくく、
肉などの油と一緒に摂ることでカロテンの吸収率が良くなるなど
栄養バランス良く食べられる食材のひとつです。
 
ピーマンと肉味噌を組み合わせた料理で
栄養満点、安くて美味しくできる方法は無いのでしょうか。

 
ちなみに、基本的な肉味噌の作り方としては
挽肉に酒、砂糖、みりん、醤油、
味噌、生姜、大蒜の調味料を入れて炒めて作ります。

これだけでもご飯に合うのですが、
肉味噌はいろんなアレンジができて
多めに作っておいても問題ないくらい万能です。

ピーマンと肉味噌だけの炒め物だと美味しいけど、
量があまりできなくて
安い食材を入れて少しでもかさ増ししたいところです。

そこでオススメしたいのが、
ナスやもやし、レタスやトマト、厚揚げなどを加えて
かさ増ししてみてはいかがでしょう。

味は変わらず美味しくて安い食材で量もたくさんなので
お腹いっぱい食べることができるのではないでしょうか。

簡単!ピーマン肉味噌レシピの紹介!

料理のプロがオススメする
ピーマンと肉味噌のレシピを始めに紹介しましょう。

・材料
合い挽き肉(120g)
緑・赤ピーマン(合計6~7個)
トマト(1/2個)
大蒜(1かけ)
生姜(20g)
味噌(70g)
サラダ油(大さじ1)
砂糖(大さじ2)

・作り方
ピーマンは種を除いて5mm四方に刻みます。
トマトはヘタを除いて1.5㎝角ほどに切ります。
大蒜は粗いみじん切り、生姜は皮付きのまま細かく刻んでおきましょう。

フライパンにサラダ油と大蒜、生姜を入れて火にかけます。
香りが出てきたら肉を入れて火を通していきます。

そこにピーマンを加えて味噌を入れて炒りつけ、
砂糖とトマトを加えて汁気が無くなるまで8分ほど煮詰めて完成です。
 
冷めても変わらぬ美味しさで、
味噌とトマトが良いアクセントになっています。
レタス包みにしたり、ご飯にのせて丼にしたり、
冷たいうどんとからめても美味しいです。

もう一品はナスを加えたレシピです。
 
・材料
ナス(2本)
サラダ油(適量)
ピーマン(2個)
舞茸(1/2個)
合い挽き肉(100g)
生姜(一かけ)
砂糖(小さじ2)
醤油(大さじ1)
味噌(小さじ2)
豆板醤(小さじ1/4)
酒(大さじ2)

・作り方
ナスは一口大の乱切り、
ピーマンは種を取って乱切り、
舞茸は石突きを取ってほぐして、
生姜はみじん切りにしておきます。

食材を炒める前に砂糖、醤油、味噌、
豆板醤、酒を良く混ぜ合わせておきます。

フライパンにサラダ油を熱しナスを炒めて
しんなりしたら取り出しておきます。

そして、少しサラダ油を足して生姜を炒めて
香りが立ったら合い挽き肉を炒めていきます。

挽肉に火が通ったら、舞茸、ピーマン、ナスの順に炒め合わせて
合わせ調味料を回し入れて全体に絡めていきます。

仕上げに、好みでごま油をかけてもよいでしょう。

味付けに豆板醤を入れているので、
ほんのりとピリ辛な味噌が食欲をかき立てます。

【まとめ】

ピーマンの豊富な栄養素と
ご飯に合う肉味噌の味の組み合わせは、
最強にご飯が進む一品になります。

ちょっと辛い味付けが好きな方は、
豆板醤などを入れてアクセントを加えることもできますし、
トマトやナスなど合わせる食材を変えれば
また違った味わいが生まれて、どんどんレシピも増えていきます。
 
簡単に作れるレシピばかりなので、ぜひ作ってみてはいかがでしょうか。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする