素材別!ボールペンのインクを消す方法

Sponsered Link



気づいたらボールペンのインクが服やカバンなどについていた!なんてことありませんか。

ボールペンのインクは油性が多いので、簡単に落ちません。

そこで、素材別にインクの落とし方を紹介していきます。

についたインクを取る時は、消毒用エタノール、なければ除光液、それと汚れてもいい印刷のない布を2枚と、汚れてもいい印刷のないビニールを用意してください。

始める前に、エタノール(除光液)を衣類につけて、色が落ちないか、生地を傷めないか確認してから始めてください。

①    衣類の下にビニールを敷いて、机や床にしみないようにしてください。

②    布切れ一枚をビニールの上に置いて、汚れた布を裏向きに(汚れ面を下にして)重ねて裏からエタノール(除光液)を少しずつかけます。

③    もう一枚の布切れで衣類を叩いて、インクを布切れに溶かしだしてください。

そのまま染み出なくなるまで行ってください。

汚れが落ちたら洗濯して、除光液を落としてください。

洗濯はすぐに行ってください

時間が空くと輪シミが残ります。

手など、肌についた場合は、手を洗ったりお風呂に入ったりしている間に、時間が経てば自然に落ちますが、即効で落としたい場合は、リップクリームハンドクリームを混ぜるように塗って洗い流してください。

プラスチックについた場合は、消しゴムでこすります。それがダメなら消毒用エタノールを布につけて拭きます。

子供の落書きをきれいに落とす裏ワザ!

Sponsered Link

ふと気づいたら、子供が床や壁に落書きをしていた時。

うわ~どうしよ~!て焦りますよね・・・。

そんな時の裏技!

ボールペンの場合は、消しゴムでゆっくり力を入れずに擦ってみてください。

強くゴシゴシしたり砂消しゴムなどを使うと、壁紙がはがれたり傷ついたりするので、注意してくださいね。

それでも消えないようであれば、キッチン用クリームクレンザーを柔らかいスポンジ等につけ優しく擦ってみましょう。

最後に固く絞ったタオルでふき取ってください。

クレヨンで書かれた場合も消しゴムやクリームクレンザーで試してみて、それでも無理なら壁の汚れた部分にドライヤーを当てて、そのあとクレンザーで落とす方法もあります。

クレヨンは油を含んでいるので、熱によって溶けやすくなります。

また、クレンザーの代わりに歯磨き粉を使う場合もあります。

落ちない汚れはない!!クリーニングのプロ!マル秘テクニック!!

茨城群城里町のクリーニング屋さんが考えて作った魔法の水があるのでご紹介します。

用意するもの

・重曹・・・小さじ1

・衣類用の液体漂白剤(酸素系)・・・小さじ3

・食器用の中性洗剤・・・3

作り方

小皿に材料を全部入れてかき混ぜれば完成です!

タオルの上にシミがついた面を下にして、歯ブラシに魔法水をつけ、トントンと叩きます。

この作業を何度か繰り返し行うとシミが抜けます

タオルを動かしてきれいな面を使うようにしてください。

ミートソースなどの染みの場合は、魔法水と食器用中性洗剤を1:1の割合で混ぜます。(小さじ1杯くらいです)

これを歯ブラシにつけて、ミートソースの面を叩くと表面についた油の膜を溶かすことができます。

最後は魔法水を使ってタオルにシミを移せば完了です。

魔法水を使うときの注意点として、

①    水洗い可能な布で使用すること

②    作り置きはしないでください

③    泥汚れやインクのシミには効果ありません

まとめ

シミがついてしまうとすぐに落とすのが大切です。

でも、シミにあった落し方や素材別の落とし方があるので、物を傷めないかよく確認してから行うようにして下さい。

家庭でできるシミ抜きにも、限界があるので無理せずに、プロのクリーニング屋さんにお任せするのが一番確実です。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする