弁償が必要なのか?ロッカーの鍵を紛失したらすべきこと

Sponsered Link



会社や駅、ジムなどでロッカーを使用することはあると思いますが、もし鍵をなくしてしまった時、どうしますか?

無理やりこじ開けてしまうと、器物破損で罰せられることもあるかもしれないので、無理やり開けることは、しない方がいいでしょう。

まずは会社のロッカーなら上司へ報告して、合鍵があるなら借りて、その後どうすればいいか聞いてください。

弁償するかもしれないし、そのまま合鍵を使用させてくれるかもしれません

ジムや銭湯なら受付の方に説明して、開けてもらうようにしましょう。

駅のロッカーであれば、連絡先がロッカーに書いてあるか、シールなどで貼ってあると思うので、連絡してみてください。

ロッカーの管理責任者に連絡しておく

Sponsered Link

鍵をなくしたまま、こじ開けてしまったり、無理やり開けて壊してしまった時は、必ず鍵の管理者に連絡をしておきましょう。

そのまま立ち去った場合は罪になるので、きちんと報告して、相手からどうすればいいか聞いて対応しましょう。

もしすぐにロッカーを開けなくていい時は、管理会社に連絡しておけば、マスターキーを持った係の方が来て、ロッカーの鍵を開けてくれます。

その際は、ロッカーの中身があなたの所有物かどうか確認されるので、身分証明書が必要になることがあるので準備しておいて下さい。

その後は、ロッカーの使用料金と鍵の再発行のお金がかかるので代金を支払います。

鍵の110番に連絡

駅などのロッカーのカギをなくした場合、時間内に連絡がつけばいいですが、夜遅くなってから連絡がつかない時や、どうしても開けて荷物を出したい時は、鍵の110番に連絡しましょう。

鍵をなくした場合や壊してしまった場合に駆けつけてくれる、鍵の何でも屋さんです。

 

夜遅くまで営業しているお店もあるので連絡してみて下さい。

24時間営業のところもあるので、深夜でも開けてもらえるかもしれません。

大事な物や貴重品などの場合は、誰かに鍵を拾われて中身を取り出されてしまうこともあるで、早めに対応してもらいましょう。

まとめ

ロッカーの鍵は小さくてなくしやすいので、抜いたらカバンの中でもチャックがついているポケットにいれておくなど、鍵の入れ場所の定位置を作ったらいいかと思います。

もしなくした場合は、焦らず、自分で解決しようとせずに、きちんと報告して連絡しましょう。

自分でこじあけてしまうと、思った以上の損失になるかもしれないので、気を付けましょう。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする