使い方間違ってる!?上品な手土産が”おもたせ”だと思ってませんか

Sponsered Link



友人のお宅などを訪問する際に持っていく手土産。

ちょっとした手土産といいつつも贈るものや
渡し方によってその人の心遣いやセンスが見えてくるのも
手土産の特徴です。

よく耳にする「手土産」と「おもたせ」の違いを
まとめたいと思います。

「手土産をちょっと上品な言い方」が「おもたせ」だと
捉えている人も少なくないのではないでしょうか。

ここでは、「手土産」と「おもたせ」の正しい意味と
使い方を紹介します。

何が違うのかここで知ってもらってマナーを身につけましょう。

”手土産”と”おもたせ”は全く違う!使い方の前にまず正しい意味を知ろう!

Sponsered Link

手土産とおもたせは同じ進物を指すため、
混乱しやすいので注意しましょう。

goo国語辞典で「おもたせ」を調べてみると、
「御持たせ物」の略 来客を敬って、持ってきた土産物をいう語。
訪問した人が持参した手土産を開けて、
品物をお出しする際に「おもたせで失礼ですが」と
頂いた手土産をその場で一緒に頂く時に使う言葉が正しいようです。

要は、「お持ちいただいた物」という意味です。

意外と知られていない「手土産と」「おもたせ」の二つの言葉の違い。
「手土産」が持参するお土産の事を指します。

「手土産」とは、
親類や友人宅、あるいは取引先などへ訪問する際に持参する、
スイーツや和菓子などのお土産のことを指します。
親しき間柄でも、手ぶらで訪問するのは
マナー違反とされていますので、出来る限り手土産を持参します。

「おもたせ」とは、
訪問先の方が受け取ったお土産のことを指します。
立場によって「手土産」から「おもたせ」に言葉が変化するので、
少しわかりにくいかもしれません。
手土産は持参するもの、おもたせはいただいたもの、と
覚えるとわかりやすいです。

”おもたせ”の正しい使い方とは


意外と知られていないのが手土産とおもたせの違い。
手土産とは、訪問する人が持って行くお土産のことを指します。

一方、受け取った人が“もらったお土産”を丁寧に言うときの
言葉がおもたせです。

もらったものをその場で一緒に食べるときに、
受け取った人が添える言葉として
「おもたせで失礼ですが……」と使います。

このように、手土産とおもたせは少し意味が異なっています。
持参するスイーツや和菓子などは、「手土産」というのが
正しい日本語です。

しかし、最近では手土産とおもたせの意味や使い方が
変わってきたようです。

インターネットなどで「オススメおもたせ3選」、
「喜ばれるおもたせ」などの特集が組まれるようになり、
ここでいう「おもたせ」とは、持参するお土産を指しています。

よって、本来は「オススメ手土産」、「喜ばれる手土産」が
正しい使い方ですが、
「手土産を丁寧にした言い方がおもたせ」と誤解して
このような表現になっているようです。

お土産を選ぶときにはポイントがあります。

喜んでもらいたくて選んだはずが相手を困らせてしまった、
ということがないようきちんとポイントを押さえましょう。

1つ目は、個包装になっているスイーツや和菓子を選びましょう。
切り分けが必要なものは、相手の手を煩わせてしまうので避けます。

渡すときは、「お口汚しですが」や「心ばかりですが」など、
一言添えて渡します。

手土産の受け取り方にもマナーがあります。
スマートに受け取れるように、流れを頭に入れておきましょう。

まず、手土産は両手で受け取ることをおすすめします。
さらに、受け取った際は「ありがとうございます」など、
お礼を言いましょう。

「気を使っていただかなくても良かったのに…」などと
言ってしまいがちですが、せっかく用意していただいた
手土産ですので、ありがたくいただいて
感謝の気持ちを伝えましょう。

次に、受け取った際には一度手土産を
上座に置くこともポイントです。

その後、お茶の用意などで退室する際には
手土産も一緒に別室に運びます。

頂いたままで、手土産をそのまま部屋に置いておくことは
失礼に当たりますので、注意してください。

手土産にスイーツや和菓子などの食べ物をいただいた場合には、
お茶と一緒にお客様にお出ししましょう。
その際には、『おもたせで申し訳ありませんが…』などの
言葉を添えるのがマナーです。

まとめ

いかがでしたか?
手土産やおもたせについてご説明しましたが、
参考になりましたか?
正しい言葉の使い方でマナー美人になりましょう。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする