解釈の違いで拡大にもなる!?今更聞けないコンプライアンスの意味

Sponsered Link



テレビや雑誌などで最近よく聞く「コンプライアンス」というフレーズ。
難しい言葉のようで、なんのことだか分からないままにしていませんか?
「コンプライアンス」とはどういう意味があるのでしょう?

コンプライアンスとは、英語で
「命令・要求に従うこと」という意味だそうですが、
日本だと「法令遵守」だそうで、
{企業が法律や企業理念を遵守する事}
という意味で使われることが多いようですね。

簡単には、社会のルールを守ろう、
違法でなければ何をやってもいいという考えはやめよう!
ということです。

法律に違反してないけど、でも社会のルール的にどうなの?
マナーを守ろうよ。
という考えが最近よく聞くコンプライアンスの意味ですね。

法令遵守

Sponsered Link

法令遵守の遵守とは、
「規則や法律などにしたがい、それを守ること」とあります。

企業がよくつかう「コンプライアンス意識を持つ」などは、
企業全体で法律以外のルールやマナーを
守っていこうという事ですね。

例えば、会社の組織で不適切な行為や不作為によって、
社会的信用を落としてしまうかもしれません。

それが社員一人の行いだとしても、
会社名などが分かれば会社のイメージも大ダメージを受けて、
イメージダウンしてしまうでしょう。

そうなると、信頼を取り戻すには大変な苦労と時間がかかってしまいます。

このコンプライアンスを全社員に徹底させておくことで、
会社へのダメージを防ぐことができます

意味の拡大解釈も

もともとのコンプライアンスの意味は
「命令・要求にしたがう」ということで、
日本では「法令遵守」でした。

しかし、ただ法律を守るという意味だけでなく、
拡大解釈されて「倫理や社会規範に従うこと」という意味になってきて、
広い意味でコンプライアンスが使われるようになってきました。

ルールやマナーは決められた法律ではないけれど、
暗黙の了解なところがあり、
細かく記されていないぶん、
個人や役員の意識の問題でもあるのですね。

まとめ

コンプライアンスの意味「命令・要求に従う事」は
日本で「法令遵守」であり、法律ではないことも、
きちんと意識して守っていこうということです。

特に日本の企業に求められるコンプライアンスは、
顧客や社会に対して信頼を失わないように、誠実な仕事を行うことです。

企業でも会社の利益を優先として、
マナーや社会のルールを破ってしまっては、
社会的に許されなくなり損害も大きくなってしまいます。

コンプライアンスの意味だけでは無く、
使われ方もきちんと把握して、社員や部下に教えてあげましょう。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする