意外と余った!どうしよう!?買いすぎた年賀状の使い道あれこれ

Sponsered Link



毎年書いている年賀状ですが、
ついつい書く人数を確認する前に購入してしまって

『あれ?余っちゃった??』
なんて事ありませんか?

そんな余った年賀状を無駄にはしたくないですよね。
ここでは、余った年賀状についてご紹介します。

買いすぎた年賀状って普通に使えるの??

Sponsered Link

余った年賀状は、普通のハガキとして
使うことができます。

《余った年賀状を普通ハガキとして使用する際の注意点》

①『年賀』を二重線で消す
『年賀』の部分を二重線で消してから、
普通ハガキとして使用(投函)します。
*消さずに投函してしまうと、来年の元旦に
到着してしまいますので注意して下さい。

②気分のいいものではない
『年賀』の部分を二重線で消して、普通ハガキとして
使用できますが、友人などの知り合いに送るには適しません。
自分に送られてきたらどうでしょう。

使えるものですから間違いではありませんが
『余った年賀状』感が出ていて、
あまり気分がいいものではありません。
気にしない方もいるかも知れませんが、
気にする方もいるので友人、知人には
使わない方が無難です。

余った年賀状は『年賀』の部分を二重線で消して、
懸賞応募などに利用しましょう。

確かに、余った年賀状で暑中見舞いが届いたら
少しビックリします。
無駄にはしたくないので、使いたい気持ちはわかりますが、
失礼にあたるかも知れませんので注意が必要です。

買いすぎた年賀状って交換してもらえるの??

『余った年賀ハガキは、郵便局で交換可能』

余った年賀ハガキは、郵便局で交換してもらうことが可能です。

○通常切手
○通常ハガキ
○ミニレター
○レターパック

などに交換可能です。
あくまでも『交換』なので、現金にはしてもらえません

『交換』は無料ではなく『有料』です。
*1枚につき手数料5円がかかります。

書き損じた場合も、新しい年賀ハガキと
交換してもらえます。
手数料は同じくかかりますが、
買い直すよりは安く済むのでお得です。

前年よりも前の余った年賀ハガキや、
書き損じた年賀ハガキも投函していなければ、
交換可能です。

そして、年賀ハガキを買ったあとに身内に不幸があった場合は、
郵便局で手続きをすれば『無料』で通常ハガキや
通常切手などと交換可能です。
*ただし、年度内のものに限ります。
*不幸があった際の無料での交換期間は、
年賀状販売期間中のみです。

『金券ショップで換金する』

年賀ハガキを現金にしたい場合は、
金券ショップで換金します。

ただし、金券ショップでは通常価格よりも
安い価格での買取になりますので、
50円ハガキを30円で売ることになります。
(キャラクターが印刷されていたり、
特殊印刷がされているものは、
値段が変わることがあります)

『寄付をする』

交換とは違いますが、余った年賀ハガキや
書き損じた年賀ハガキを『寄付する』という
活用の仕方もあります。

ユニセフをはじめ、様々な団体やNPO法人は
年賀状の寄付を募っています。

これらは、交換手数料を各団体や法人が持ち、
そこで得られた切手などを換金し、
それを支援に利用しています。

交換・換金・寄付と、いろいろ出来るのですね。

通常ハガキや通常切手などに交換したり、
現金に換金したり、そこまでしなくてもと言う方には、
ぜひ寄付をオススメします。

ただ無駄にしてしまって、捨てるのはもったいないですから、
活用してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ついつい予備にと多く買ってしまったり、
そもそも枚数を多く買い過ぎてしまったりと、
余らせてしまう事の多い年賀ハガキです。

年賀ハガキも、お金を出して購入しているわけですから、
無駄にする事なく活用したいです。

交換・換金・寄付とありますので、利用してみて下さい。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする