まだ捨てないで!?紙袋の再利用でなるほどリメイク術!

Sponsered Link



買い物をした時にもらう紙袋って、
オシャレなデザインだったりちょうどいい大きさだったりで、
いつか使うだろうと思ってとっておきますよね。

でも使うよりたまっていくほうが多くて、
いつの間にかすごい量がたまっていたりしませんか?

ブランドの紙袋ならリサイクルのアプリなどで高く売れたりしますが、
普通の買い物でもらった紙袋にはそんな値段はつかないでしょう・・・。

捨てるのももったいないし、どうせなら再利用したいですね。

紙袋の0円リメイク術

Sponsered Link

大きさがあり、しっかりしている紙袋なら、
持ち手を切って紙袋の高さを内側に折り込みます。
すると、箱のようになります。

散らかった漫画などは単行本のサイズなら収納できますね。

冷蔵庫の野菜室に入れて、野菜を入れて活用すると
土がついていたりする野菜は袋に土が落ちるので袋を交換するだけでいいですよね。

化粧品などの小物入れにしたり、子供服をたたんでタンスに入れたり、
手軽に作れる箱なので作ってみてはいかがでしょう。

小さい袋なら、ポケットティッシュや洗濯ばさみなど、収納できます。

紙袋だけて自立が難しいようなら、
ワイヤーボックスなどに入れるとオシャレにみえますよ。

他にも、かわいい柄の部分をだして、
フォトフレームにいれて飾ったりしてもかわいいですね。

広げて小さい袋に作りなおして、プレゼントを入れて渡すポチ袋にもできます。

紙袋をそのまま使うこともできますが、
かわいい袋は段ボールにはって、収納ボックスにもできます。

紙袋で紙袋の収納をつくる?

紙袋を収納する前に、
まずは家にあるたまった紙袋を保管するものいらないものと分けて、
いらない物は捨てましょう。

破れかけていたり、シワシワになっている袋も使う機会がないので捨てて下さい。

大きい紙袋に紙袋を収納する方法として、まず大きさを揃えます

大、中、小と分けていれば分かりやすいですね。

大きい紙袋に収納する時には、手提げの紐が中に引っ張れる場合は、
出ていると引っかかるので中に引っ張っておきます。

底をきれいに畳んで、大きさで分けて入れていきます。

まとめ

いくら紙袋が色んなことに使えても、
ためすぎて押入れやクローゼットがいっぱいになって
肝心な収納場所がなくなってしまっては、それこそもったいないですよね。

適量を守っておいておくといいと思います。

買い物をして、すぐに収納できるように
リビングなどを定位置としておけば、使う時もすぐに取り出せていいですね。

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする