ハガキの差出人に”内”って書いてあるのはなぜ?書くのがマナー?

Sponsered Link



先日、友人の旦那さん宛てに

お歳暮のお礼のハガキが届いたらしいのですが、

そこの送り主名の横、差出人のところに’’と書いてあって

この’内’ってどういう意味だろう。。

と思ったそうです。

で、その話をされても’内’について

全く私も無知だったので、謎のままその話は終了し、

すぐに別の話題で盛り上がってしまいました。

そこで、改めてやっぱり気になって

この’内’について調べてみました。

差出人に内って書くのはどんな時!?

Sponsered Link

例えば、お中元やお歳暮などを頂いたとき

何かのお祝いなどを頂いたときお礼状を出す場合、

本来であれば宛名にある旦那さんが、お礼状を書いてお送りするのがいいのかもしれませんが、大体は奥さんがそれを代筆することが多いかと思います。

そのときに添えるのが’内’のようです。

いわゆる、本人に代わって

妻が手紙を書いたことを相手に伝えるために

書くものです。

まずは、後付に夫の名前をフルネームで書き、

その左脇に少し小さい字で

’内’と記すと妻が代筆したサインとなります。

こちらのサイトに

ハガキと封筒の’内’の場所が例で出てましたので

よかったら確認してみてください。↓↓

参照(http://oreijyou.net/omotegaki/

この場合、

例えば相手方が面識のある方や知人や友人であれば、

内’の横に妻の名前を書くそうです。

逆に夫の上司や目上の方

または面識のない方が相手であれば

’内’のみになります。

あとは会社の部下が、上司の代筆を頼まれた時は’内’にはならないので

お気をつけください。

あくまでも’内’は妻だけが入れるものです。

差出人に内と書くのはマナー!?失礼にならない!?

お中元、お歳暮のように、家族に届いたもののお礼状であれば

代筆でも感謝の気持ちがひとまず伝わるので

問題はなさそうです。

まずは頂いた物をきちんと受け取りましたよ、

と伝えること。

あとはお気遣いいただきありがとうございます、

と、お礼の気持ちを示すことが重要です。

なので’内’でもそれが伝われば問題なしです。

むしろ奥さんでも、頂いているのに変わりはないので

自分の素直な気持ちを伝えたらいいでしょうね。

ただ、パソコンで書くより

手書きのものを送った方が気持ちも伝わるし

相手側も嬉しいでしょうね。

何か物をいただくときも一言、

手書きのカードなんか入っていたら

私は嬉しいと素直に思っちゃいますね。

まとめ

これで’内’の意味も理解しましたよね。

今後、お礼状の代筆を

旦那さんにお願いされても安心です。

上手に’内’を使っていきましょう。

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

Sponsered Link
関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする