主人の顔を立てなきゃ!!代わりに書くお礼状ってどう書けばいいの?

Sponsered Link



ご主人宛てに、お歳暮やお中元などの

贈り物をいただいたとき、

多忙なご主人に代わって奥様がお礼状を書くことは

割と一般的なことだといいます。

よほど筆まめなご主人でない限り、奥様に

「やっといて~」的な感じでお礼状を頼まれる人が

ほとんどであると思います(^^;)

頼まれた奥様としては、ご主人の顔を立てながら、

相手に失礼のないようマナーなどに注意して

お礼状を書かなければなりません・・・

そこで、ご主人の代わりにお礼状を書くときに

注意すべきことや書き方など、

詳しく調べてまとめました(*^^)v

主人の代わりにお礼状を書くときに注意したいこと!

Sponsered Link

お礼状の代筆のマナーとしては、差出人は

ご主人の名前にし、名前のわきに小さく

「代」もしくは「内」と書くという決まり

あるようです。

そして「代」「内」の下に奥様の名前を

やはり小さく書き入れます

厳密にいうと「代」はご主人の言葉を代筆する場合、

「内」は奥様の言葉で書く場合に使うということです。

つまり、主語の問題ですね。

どの立場に立って書くのかということで、

「代」と「内」を使い分けるということです。

差し出す相手が全く面識のない人なら

「代」で、面識のある方なら「内」で書いた方が

親しみを感じられていいかもしれませんね( ^ω^ )

主人の代わりのお礼状を書く内容

ご主人の言葉を代筆する場合は、

ご主人と差し出す相手の関係性を考慮した上で、

失礼のないような文面を心掛けましょう。

手紙の書き方の形式にならって、

拝啓、時候の挨拶から始まり、敬具で締めます

贈り物のお礼だけでなく、日頃の感謝や、

今後のよいお付き合いを願う内容を

盛り込むようにして仕上げましょう。

奥様の言葉で書く場合は、代筆のときの内容に加えて、

ご主人の様子や気持ちをうまく伝えるよう心掛けましょう。

「主人も○○と申しておりました」みたいな感じで(^^)

そもそも手紙の書き方が分からない!という人は、

手紙の基本構成が分かるサイトを載せておくので

参考にしてください↓↓↓

http://www.zoto.jp/mame/letter_basic.html

まとめ

ご主人に代わって書く、お礼状について

詳しく調べてきました☆

調べてみると、お礼状の代筆が必要となる場面としては、

やはりお歳暮やお中元などをいただいたときが

圧倒的に多いみたいですね。

今は普段から手紙でやり取りすることが

少なくなってきていますので、手紙の書き方が

分からないという人も珍しくはないと思いますが、

何度か書いていくうちに身についていくものだと思いますので、

文例などを参考にしながら

頑張って仕上げていきましょう(*^^*)

奥様の気持ちのこもったお礼状が届けば、

おのずとご主人の評価も上がっていくことになるので、

ご主人の為にも丁寧に書きましょう!(*^▽^*)

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする