意識して美容効果を最大化!?ビタミンCが本当に多い食べ物は?

Sponsered Link



ビタミンCはミカンやレモンなどのフルーツに多く含まれ、
美肌効果や老化防止免疫力の強化に役立つことは有名です。

私も若いころ思いがけず日焼けをしてしまった時、
ビタミンCがいいと友人に聞いたので
慌ててフルーツを沢山食べた記憶があります。

今ではサプリメントや飲料などでも
上手に併用して効率的に摂取できるビタミンC。

一体どんなものに多く含まれているのでしょうか。

ビタミンCの多い食べ物

Sponsered Link

ビタミンCは美容にも健康にもとても効果的な働きをします。
その主な働きは

・抗酸化作用
・コラーゲンの合成
・活性酸素を抑える
・免疫力を高める
・シミ・そばかすを防ぐ
・胃がん予防
・動脈硬化の予防

これらの働きを見ただけでも、
女性であればビタミンCを多く摂り入れたいと願うものです。
ビタミンC=フルーツと思いがちですが、
実際はどんな食べ物に多く含まれているのでしょうか。

・フルーツ
ビタミンCが多く含まれているフルーツはアセロラやゆずの皮の部分、
キウィフルーツ、柿やイチゴなどがあります。

・野菜
野菜にも多く含まれ、特に赤ピーマン、黄ピーマン、
ブロッコリーやパセリ、唐辛子の中にも多く含まれています。
イモ類、特にサツマイモやジャガイモにも多く含まれています。

・お茶
緑茶や特に抹茶に多く含まれています。

効率的にビタミンをとるには

どんな食べ物にビタミンCが多く含まれているのかわかったところで
効率的に体内に摂りこむ方法をご紹介します。
まずビタミンCは体内にためておける量が決まっており、
過剰に摂取した分は体外に排出されます
しかしながら嬉しいことに過剰摂取による弊害はないので、
安心して、たっぷり摂る様にしても全く問題ありません。

ビタミンCは熱と水に弱い性質を持っているので、
一番適した食べ方はさっと水洗いしただけの野菜サラダです。
しかし、野菜サラダをボールにたっぷり食べるのはなかなか大変なことです。
加熱時間を短くした温野菜サラダなど食べやすい方法もあります。

また、水に溶けだす性質もあるため、
煮汁ごと食べられるスープやポトフ、お味噌汁などもおすすめです。
その際の注意点としては、ビタミンCは熱に弱いので
温めなおしをするたびに壊れていきます。

作り置きせず食べるタイミングに合わせて調理するとより多く摂取できます。

最後に食事だけではなかなか難しい時は
サプリメントやジュースを活用する方法があります。
その際は空腹時よりも満腹時の方が体内への吸収がいいため
食後に服用するようにしてください。

まとめ

子供の頃からずっと、食後に必ず母が緑茶を入れてくれました。
満腹だった私にはとても迷惑な一杯でしたが、
体が落ち着くから、風邪を引かないようにと
母も譲らず必ず一口飲まされました。

今思うとまさかビタミンCの効果を思ってのこと?‼
と、早速電話して聞いてみると、
母自身も祖母からそう言われて飲まされ続けていただけで、
理由は特にないとのこと。
でも、60歳をとうに超えても若々しく元気な母を思うと、
満腹時のビタミンC、もしかして効果的かもと思えます。

試してみる価値はありそうですね。

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

Sponsered Link
関連コンテンツ

<関連コンテンツ>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする