はじめよう!0歳児への絵本の読み聞かせ!おすすめの絵本ってなあに!?

Sponsered Link



赤ちゃんに読み聞かせは必要なのか…。
読み聞かせを始めたいけど、どのように
始めたらいいか分からなくて悩んでいる人に。

どうして赤ちゃんへの読み聞かせって大切なの!?

赤ちゃんへの読み聞かせをしてあげることによって、
たくさんのいい事があることを発見しました!

・赤ちゃんとコミュニケーション。

絵本の読み聞かせを通して、
親子で同じ時間を過ごせます。
腕枕をしながらだったり、膝の上に乗せて、
絵本を読むことでスキンシップにもなります。

・脳や心の発達につながる。

興味関心を持たせ、想像力が豊かになり
優しい心が育っていきます。
読み聞かせを通して、たくさんの言葉と出会い
自分が話すときに覚えた言葉を使うようにもなったりします。

・情緒が豊かになる。

赤ちゃんが読み聞かせを聞いている時、脳が喜怒哀楽を生み出し
大脳辺縁系という部分が活発に働くと言われているそうです。
赤ちゃんの頃から身につけた情緒の発達を生かし、
自分の感情や、相手の気持ちが分かるようになってきます。

・親子の関係が深まる。

お母さんやお父さんが読み聞かせをしてあげることによって
赤ちゃんは、「私のために読んでくれている」と思い、
それはもう、赤ちゃんにとっては一つの幸せな時間になるでしょう。
お母さん、お父さんが優しい声で感情豊かに読むと、
赤ちゃんはとても安心して聞くことができます。

絵本は赤ちゃんに見えているの??

Sponsered Link

赤ちゃんに読み聞かせをしても
見えているのかどうか…。
赤ちゃんの頃の視力について調べました。

赤ちゃんには少ししか見えていなくても、
必ず効果はあるので、成長に合わせて
見やすく、聞き取りやすく、絵本の読み聞かせを
してあげるのがいいですね♪

0歳も喜ぶ!?ママに大人気なおすすめ絵本

絵本の読み聞かせは、一度にただたくさん読めば
いいという訳ではありません。
そこで、いくつかポイントをおさえてみました。

読み方1.ゆっくり読む。

早口でお話をしても、赤ちゃんには
何が何だか分からず、ついていくことができません。
なので、赤ちゃんに聞き取りしやすい様に、
ゆっくりと読んであげましょう。

読み方2.棒読みをしない。

棒読みのお話しでは感情や、表現などが伝わりません。
気持ちをしっかり込めて、読む人も楽しみながら読むといいでしょう。
物語のセリフや、擬音語(バリバリ、ブーブーなど)は
特に読み方を変えてみましょう。

読み方3.まずは、短い絵本を読んでみましょう。

最初から長々とした絵本を読むと、赤ちゃんには訳がわからないですし
途中になって飽きてしまう可能性もあるので
まずは、短い絵本で興味を持たせてあげましょう。

読み方4.読んでいる、赤ちゃんの顔を見る

絵本を読みながら、赤ちゃんの反応を見てみましょう。
目を合わせることで赤ちゃんも喜びます。
赤ちゃんが笑っていたら、お母さん、お父さんも一緒に笑ってあげましょう。
一緒に楽しむことによって、絵本は面白いものだと
認識するようになるでしょう。

読み方5.原色の絵本を選んでみる。

赤、黄、青と三原色は赤ちゃんが認識しやすいので
そういった色の絵本を選んであげましょう。
以上のポイントを抑えて、楽しく読んであげましょう♪

赤ちゃんが喜びそうなおすすめの絵本をご紹介!

じゃあじゃあびりびり

※クリックするとamazonに飛びます

赤ちゃんの好きな擬音語が使われている絵本です。

いないいないばあ

※クリックするとamazonに飛びます

この絵本を使って、赤ちゃんと一緒に
いないいないばあをしてみましょう。

おつきさまこんばんは

※クリックするとamazonに飛びます

「こんばんは」の挨拶の練習にもってこいです。

もこもこもこ

※クリックするとamazonに飛びます

赤ちゃんの反応を見ながら楽しめるお話しです。

はらぺこあおむし

※クリックするとamazonに飛びます

絵本のページに丸く穴があいているので
赤ちゃんも一緒にページを触って楽しめます。

絵本を買うのに悩んだら、図書館を利用してみるのもいいですね。
図書館の絵本を使用する際は、赤ちゃんが
破かないように気をつけてくださいね♪

まとめ

読み聞かせは、赤ちゃんにとって
たくさんの嬉しい効果があります。
これは大事なことですね♪
親子の絆を深めて、楽しい読み聞かせタイムを作ってくださいね♪

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>