虫歯予防の出し物はコレで!保育園・幼稚園時期の親の思いとは

Sponsered Link



子供の頃、幼稚園や小学校で
虫歯予防についてのお話があったという記憶を
お持ちの方もいると思います(^^)

私は小学校でそういう授業のようなものがあった記憶があるのですが、
今は保育園や幼稚園でそうした活動が行われているそうです(゚д゚)

虫歯予防の活動の目的は、
子供達に虫歯というものの存在を知ってもらい、
それを通して歯の大切さ、歯磨きの重要性を知ってもらうこと!

この活動を通じて
子供達が自分から歯磨きをするようになってくれることが
親の願いでもあります(*´ω`*)

それでは、子供達に興味を持って理解してもらうためには
具体的にどんな活動が有効なのか、考えていきたいと思います!

親が「こうしてもらいたい」と願う内容は?

Sponsered Link

上で述べた通り、子供には歯の大切さについて知ってもらい、
最終的には歯磨きの習慣を身につけてもらいたい
というのがこの活動の願いです。

そのためには、まず歯の役割、
どうやって虫歯になるのかや虫歯を防ぐ為にはどうしたらよいのか
ということを子供でも分かりやすいストーリー仕立てで説明し、
そのあとに正しい歯の磨き方について
子供が食いつきそうな道具やおもちゃなどを用いて
紹介するのが王道のパターンです(*^^*)

「みんなには歯が何本あるかな?」とか
「歯がないとご飯が食べられないんだよ」ということから始めて
「歯を磨かないと口の中が虫バイ菌でいっぱいになっちゃうよ!」
「歯磨きをすれば虫バイ菌を倒せるよ!」ってな感じで
自分が子供の頃も説明を受けた記憶がありますよね(*^^*)

子供に分かりやすく口の中の様子を擬人化してあげると、
興味を持ってもらいやすいのかな~と思います( ^ω^ )

「例」に見る。出し物一覧

実際保育園や幼稚園で行われている
出し物の例をいくつかご紹介します。

歯の大切さや、歯磨きを題材とした絵本を用いて
子供は絵本が大好き!

歯や虫歯を題材にした絵本を使って説明する方法は定番!

そこでちょっと特別感を出すためにただ絵本を読むだけでなく、
絵本の内容をペープサートにしてやると
子供の食いつきがよいのでよくされている方法のようですね(^^)

歯を題材にした本はこちらのページで紹介されていますので参考に(^^♪

EhonNavi『歯、虫歯の絵本』

子供が大好きなキャラクターを使った人形劇で
子供が大好きなキャラクターを登場させて、
歯磨きの大切さを説明していくのも
子供に興味を持ってもらうのによく用いられる方法ですね。
おすすめは保育園・幼稚園児の定番キャラクターアンパンマン
アンパンマンにハミガキマンというキャラクターもいるので
ストーリーも考えやすいですね。

歯磨き遊びができる工作で
出し物ではないですが、
空き箱などを使って歯磨き遊びができるものを一緒に工作しながら、
歯磨きに興味を持ってもらうのも手です。
みんなで同じものを作って、ごっこ遊びしながら学べるので
子供も楽しく理解できますね。
おすすめの工作の例を載せておきます(‘ω’)ノ

HoiClue♪『虫歯予防デーのあそびのタネ』

まとめ

保育園や幼稚園の「虫歯予防デー」で使える
出し物について調べました☆

保育園や幼稚園の時期の子供って素直なので、
歯磨きの大切さについてちゃんと理解したら、
きっと自分から歯磨きをしてくれるようになると思います!

子供の頃に学んだ記憶って結構後々まで残っているものですしね( ^ω^ )

そうなるように色々創意工夫して
子供たちが興味を持つように日々頑張ってくれているのが
保育士さんや幼稚園の先生たちなんですね~(*´ω`*)感謝!

先生たちの日々の努力を無駄にしないために、
家庭での振り返りの機会も大切にすべきだと改めて思いました!

Sponsered Link

人気ブログランキングに参戦中です。

読み終わりましたら、応援頂けると嬉しいです!

(クリックするだけです。)


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

<関連コンテンツ>